伝統・文化

島むにの多様性伝える ~沖永良部の方言絵本「塩一升の運」を出版

鹿児島県沖永良部島で古くから伝わる昔話を同島の方言(島むに)で紹介した絵本「塩一升の運(ましゅいっしゅーぬくれー)」がこのほど出版された。同島の国頭(和泊町)と上平川(知名町)の方言を収録。朗読音声と詳しい言葉の解説付きで、方言の多様性や魅力を学びながら楽しめる絵本となっている。

南海日日新聞【写真】方言絵本「塩一升の運」を紹介する山田代表=6月11日、沖永良部島

消滅危機言語の継承保存をしながらその仕組みをつくっていく「言語復興の港」プロジェクト(山田真寛代表)が企画、制作した。プロジェクトメンバーは地域言語の研究者、作家、デザイナーなどで構成。絵本制作に当たっては、地元住民が協力した。

資金はインターネットで不特定多数の人から寄付を集めるクラウドファンディングで調達。同島以外に、沖縄の与那国、竹富、多良間3島それぞれの方言と昔話を収録した絵本も出版した。

「塩一升の運」には、場面ごとにイラストと日本語標準語訳のほか、地元の人による朗読音声もついているため、島むにが分からない人も楽しめる。言語学者による物語全文の逐語訳と言葉の解説が付き、学術的な言語資料や学習教材としても活用できそうだ。

6月初旬、沖永良部島を訪れ、島内の学校、こども園、図書館など29カ所に書籍を寄贈した山田代表(39)は「方言を使うのが楽しいと感じるようになってほしい」、国頭方言の再話を担当した田中美保子さん(63)は「出身者も、絵本を通して島を懐かしく感じてもらえたら」と話した。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 孤高の画家・田中一村しのぶ 奄美市名瀬=終焉の地で一村忌
  2. 節田マンカイ、今年も中止 奄美市笠利町の旧正月行事
  3. 南海日日新聞〔写真〕イトバショウの繊維をつないで糸を作る与論民俗村の菊千代さん(右)と友子さん=12日、与論町 「与論島の芭蕉布」を答申 国指定重文、奄美で4例目
  4. 1967年:鹿児島のものづくり「大島紬」 1967年:鹿児島のものづくり「大島紬」
  5. MBCラジオ「あまみじかん」2月20日(第242回)は…
  6. ハジチを手に描く参加者ら 「ハジチ」に島の〝こころ〟学ぶ 宇検村=入れ墨文化、習俗でイベン…
  7. 龍郷町の豊年行事「種下ろし」 龍郷町の豊年行事「種下ろし」
  8. 南海日日新聞〔写真〕男女が向き合って唄掛けと手踊りを楽しんだ旧正月の伝統行事「節田マンカイ」=25日、奄美市笠利町節田 旧正月祝い、節田マンカイ 男女が唄掛け、手踊り

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP