コト

ショチョガマが完成 龍郷町=ボランティア130人、25日に秋名アラセツ行事

国の重要無形民俗文化財に指定されている鹿児島県龍郷町の「秋名アラセツ行事」で使う「ショチョガマ」が9月10日、4年ぶりに集落と田袋を見下ろす中里(なざと)の山の中腹に完成した。秋名・幾里の住民と、島内外からボランティア約130人が集い、男女に分かれて作業。男性陣は協力して祭場に資材を運び上げ、片屋根のわらぶき小屋(ショチョガマ)を建てた。

ショチョガマを組み立てる秋名・幾里の住民と島内外のボランティア=9月10日、龍郷町秋名

ㅤㅤㅤ

ショチョガマ作りのボランティア募集は、地域の若手の人材不足から、2017年に開始。18年、19年も100人を超えるボランティアが集った。

作業は朝8時に開始。男性陣は焼酎と塩で体を清め、本柱(ほんばしら)2本と「スダチ柱」4本を建てた後、梁(はり)となる「ケタ」を組んで骨格を作った。作業は炎天下、午後5時すぎまで続き、参加者は大粒の汗を額に浮かべながら取り組んだ。作業の終盤はベテランの地域住民が中心となり竹と稲わらで屋根をふいた。門の飾り「シル」を6カ所に建て完成させた。幅約7メートル、高さ約3メートル。

女性陣は秋名集会場で昼食の準備を担当した。この日はシブリ(冬瓜)やニンジンなど具だくさんの豚汁250杯、おにぎり約500個、漬物などを用意。正午近くになると、作業していた男性が昼食を求めて続々と集会所を訪れ、おいしそうに食事を頬張った。作業中には、かき氷も提供され、暑さで火照った体を冷やしていた。

秋名集会所では、女性たちが昼食作りを担った=龍郷町秋名

ㅤㅤㅤㅤㅤ

ボランティアとして初めて参加した高校生らは「名前は聞いたことがあったショチョガマ。実際にどんなものか見てみたいと思い参加した。地域外の人を巻き込んで行う新しい文化継承の形だと思った」「一致団結して、初対面だったのにすぐ仲良くなれていい経験ができた。島でしか体験できないことなので、これからも積極的にこういった場に出たい」と話した。

昼食作りを取りまとめた山田眞砂子さんは「大勢の方が手伝ってくださりうれしく、やりがいがある」と笑顔。保存会の窪田圭喜会長は「ボランティアの方のおかげさまで無事完成し、感謝している。4年ぶりのショチョガマ作りに集落全体が活気づいた。当日は多くの人に参加してほしい」と呼び掛けた。

旧暦8月初丙(はつひのえ)の早朝に行われるショチョガマは、夕方近くに近くの浜である「平瀬マンカイ」とともに五穀豊穣(ほうじょう)を祈るアラセツの稲作儀礼。当日は潮の満ち始めるころにチヂン(太鼓)を鳴らして祭りが始まり、山際から朝日が昇るとショチョガマが揺り倒される。今年は25日に実施する。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」12月16日(第387回)は…
  2. 多様な文化の発信拠点へ 奄美パーク=開園20周年記念式典
  3. MBCラジオ「あまみじかん」12月24日(第336回)は…
  4. 野鳥の楽園、奄美大島 龍郷町子ども博物学士=サシバやカワセミも観…
  5. 奄美の海開きが行われる「サンガツサンチ」!赤ちゃんの健康を祈る伝…
  6. 奄美大島は星空の宝庫!本土では見られない長寿の星を見に行こう
  7. 地域挙げ新1年生祝福 宇検村・名柄小中=静岡県から留学生迎え入れ…
  8. カラーで親しみやすく 奄美市=新マンホールカード発行

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP