コト

熱戦、一人こぎ大会 瀬戸内町、舟こぎ愛好者集う

新型コロナウイルスの影響で、今年の夏祭りの舟こぎ大会がすべて中止になったことを受け、鹿児島県瀬戸内町のカヌー連盟は25日、同町手安港で板付け舟を1人でこいでタイムを競う大会を開いた。奄美市、瀬戸内町、大和村、宇検村から舟こぎ愛好家ら32人がエントリー。80メートル直線でのレースに火花を散らせた。

奄美の伝統文化である舟こぎへの情熱を絶やさないようにしようと、同町カヌー連盟が初めて企画した。舟こぎ競争は通常、6人のこぎ手と1人のかじ取りが乗り込むが、今回は、こぎ手1人と、かじ取り1人で行われた。

参加したのは14~68歳の男女。競技には3種類のユホ(かい)が用いられ、奄美まつりで使用される「名瀬ユホ」部門に28人、柄が少し短い「古仁屋ユホ」部門に23人、ニュー・スポーツ競技「ドラゴンボート」パドル部門に22人(重複エントリーあり)が出場した。

大会は好天に恵まれ、会場の手安港は多くの見学者でにぎわった。ドラゴンボートパドル部門で37秒83の記録を出した大和村名音の農業上村太一さん(35)は「今年は3月から舟こぎの練習をしてきたのに大会がなく残念だった。1人こぎはこつが必要。早くコロナが収束し、また6人で舟こぎができる日を楽しみにしている」と笑顔で話した。

南海日日新聞〔写真〕熱戦が繰り広げられた板付け舟の1人こぎ大会=25日、瀬戸内町手安

南海日日新聞〔写真〕熱戦が繰り広げられた板付け舟の1人こぎ大会=25日、瀬戸内町手安


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 奄美・世界自然遺産 遊覧フライトに密着
  2. 初夏の味、収穫始まる 奄美モズク、触感に特徴
  3. MBCラジオ「あまみじかん」2月27日(第243回)は…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」4月10日(第249回)は…
  5. ターコイズブルーに輝く手安の浅瀬=瀬戸内町 きらめく「青」真夏の海、人々の心癒やす 奄美大島
  6. 奄美博物館 旧暦行事カレンダー発売
  7. ウミガメを見守る
  8. 沖永良部島の全世帯にマスク配布

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP