コト

「喜界島ナビ」リニューアル 観光情報を充実、魅力アピール

鹿児島県喜界島の観光物産協会(上園田慶太会長)はこのほど、同協会が運営する総合情報サイト「喜界島ナビ」を13年ぶりにリニューアルした。島内の観光スポットや体験アクティビティ、宿泊、飲食店などの情報を充実させ、喜界島の魅力アピールにつなげる。

南海日日新聞〔写真〕13年ぶりにリニューアルされた喜界島観光物産協会運営の総合情報サイト「喜界島ナビ」

リニューアルは奄美大島・徳之島の世界自然遺産登録とアフターコロナの奄美群島への来島者増に備えた取り組み。旅行者目線のページ制作で、喜界旅行を検討している人に向けた情報を強化した。スマートフォンやタブレットでの表示にも対応し、閲覧できるように改善した。

喜界島の観光スポットでは、海水浴用や絶景、癒やしの場所のほか、史跡・戦跡など歴史文化を学ぶ地を紹介。島料理コーナーでは、油そうめんやサクナー(ボタンボウフウ)の天ぷらなどの解説、写真に加え、提供飲食店を掲載している。

このほか、ダイビングやシマ(集落)ガイドなどのアクティビティを実施する7事業者の営業時間や料金など基本情報を掲載。島内観光で撮影できる写真の投稿ページや島内イベントカレンダーも常設している。

喜界島ナビのリニューアルを担当した喜界町地域おこし協力隊の谷川理さんは「喜界島の美しい映像や写真を多く使用したことで、来島したことがない人も島をイメージしてもらえるホームページができたと思う。見た人が1人でも多く来島してもらえるとうれしい」と語った。

同協会には現在、協会の非会員から掲載を希望する問い合わせが増えており、新たなコンテンツや新着情報の更新も進めていくという。

 

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 十五夜前に大綱作り 与論島、老若男女30人が作業
  2. ターコイズブルーに輝く手安の浅瀬=瀬戸内町 きらめく「青」真夏の海、人々の心癒やす 奄美大島
  3. MBCラジオ「あまみじかん」8月21日(第268回)は…
  4. 秋深まる森に開花 奄美大島、絶滅危惧種ひっそりと
  5. 南海日日新聞〔写真〕冬の森を彩るアマミテンナンショウ=奄美大島 希少種、奄美の冬の森彩る アマミテンナンショウ咲く
  6. 奄美観光大使シンガーソングライター・ハシケンさん登場! 奄美観光大使シンガーソングライター・ハシケンさん登場!
  7. ナマコの分布と生態判明 奄美大島沿岸、14種確認
  8. 人気のハンドメイド作家 奄美の魅力をアクセサリーに

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP