コト

夜桜とうたげを満喫 徳之島町=母間さくら祭り、10日までライトアップ

開花シーズンを迎えているヒカンザクラを楽しむ「母間さくら祭り」(母間校区青年部主催)が2月4日、鹿児島県徳之島町母間のさくら並木ハッピーロードであった。多数の来場者が訪れて鮮やかにライトアップされた夜桜を眺めながら春のうたげを満喫した。ライトアップは今月10日まで。

ライトアップされたヒカンザクラの並木道=2月4日、徳之島町母間

ㅤㅤㅤㅤ

祭りは5回目の開催。ハッピーロードにあるヒカンザクラは20年以上前から同地区の児島静男さん(故人)が植え続けてきたもので約140本。開花に合わせて祭り会場までの道をライトアップするなど地域を挙げたイベントとなっている。

会場には母間女性連メンバー手作りのお菓子など軽食の出店が立ち並んだ。ステージでは鏡開きやライトアップの点灯式、地元ミュージシャンらの演奏などもあった。母間校区会の満田秀博さん(74)は「児島さんが植えた桜は今では地域の誇る宝。10日ごろまでが見頃でライトアップしているのでぜひ遊びに来てほしい」と笑顔を見せた。

会場では鏡開きの焼酎が振る舞われ、花見酒としゃれ込む人々も。青年部の稲村浩次さん(49)は、「児島さんはみんなが花見を楽しんでいる姿を夢見ながら桜を植え続けたのだと思う。先輩が残してくれた宝を大切にしながら地域活性化に役立てたい」と故人への感謝を述べた。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. ユリ球根、取引開始 沖永良部島、天候に恵まれ品質上々
  2. 今が旬、マコモタケ 龍郷町=秋の味覚、産地直売始まる
  3. 南の島のニューイヤー駅伝
  4. 世界自然遺産切手セット 奄美大島・徳之島
  5. 「野茶坊焼守り広げたい」 ALT、陶芸学び帰国
  6. 南海日日新聞〔写真〕国道58号から望むマングローブの森=1日、奄美市住用町 高速ネットラウンジが開所 ビジネスに対応 徳之島町
  7. MBCラジオ「あまみじかん」4月9日(第300回)は…
  8. ロケットの一部か? 大和村戸円=ヒエン浜、謎の巨大金属片が漂着

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP