コト

〝復帰物語〟が絵本に 井之上さん=児童に50部贈呈、名瀬小と中村小(東京)の交流描く

鹿児島県奄美群島の日本復帰を記念して1953年に東京から訪れた祝賀使節団の児童と、歓迎した名瀬小学校の児童との長年の交流を描いた絵本「はるかな友へ 奄美の日本復帰と子どもたち」(南方新社)がこのほど出版された。作者の井上由利子さん(68)=神奈川県鎌倉市=ら関係者が12月4日に同校を訪問し、児童たちに絵本50部を贈呈した。

絵本の贈呈式に出席した児童たちと(前列中央左から)高橋史明さん、島岡稔さん、井上由利子さん         =12月4日、名瀬小学校

ㅤㅤㅤㅤ

名瀬小には復帰直前の53年12月5日、講談社の雑誌「少年クラブ」の企画で中村小(東京都練馬区)の児童2人が来校。このときの交流会に参加した、当時名瀬小6年生の島岡稔さん(82)=神奈川県鎌倉市=は40年後の93年に2人と再会。これをきっかけに、97年から名瀬小と中村小の交流が始まった。

絵本はB5判48ページでオールカラー。物語は祝賀使節団の一人、故高橋孝泰さんが息子の史明さん(51)=埼玉県所沢市=に奄美での思い出を語るところから始まる。一枚の記念写真が手掛かりとなり島岡さんと再会したことや、当時の体験、現在まで続く両校の交流などを温かなイラストと文で表現している。

4日は島岡さんや史明さんも来校し、贈呈式には5、6年生が出席。井上さんが代表児童に絵本を手渡した。北原徳真君(6年)が「本を作ってくださりありがとうございます。大切に読みます」とお礼の言葉を述べた。

井上さんは友人の島岡さんの経験を聞き「奄美の歴史を初めて知り、語り継がなければと思った」と絵本制作のきっかけを語った。史明さんは「奄美を追いかける中で父の人物像が分かりすごく縁を感じた」と感慨深そうに話した。

島岡さんは「子どもたちでも分かりやすく読めるのでうれしい。70年前の出来事だが、人と人の縁はつながっていく。(学校同士の)交流も続いてほしい」と期待。上村英樹校長は「絵本を読んだ児童たちに、奄美の歴史や友情の大切さを感じてもらえれば」と話した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. シロアゴガエルの侵入防げ 奄美博物館=野生生物保護センターがワー…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」4月24日(第251回)は…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」1月7日(第338回)は…
  4. 提供:南海日日新聞:バラ科。分布・本州(宮城・山形県)以南。(アマチュア写真家) 島中を潤わせた樹木 シャリンバイ
  5. MBCラジオ「あまみじかん」9月10日(第322回)は…
  6. ロケットの一部か? 大和村戸円=ヒエン浜、謎の巨大金属片が漂着
  7. 次は私たちが奄美を守る 高校生が「復帰」授業―地元学生団体が奄美…
  8. まるでジブリの世界?喜界島の神秘的な巨大ガジュマル神秘的な巨大ガジュマル まるでジブリの世界?喜界島の神秘的な巨大ガジュマル

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP