コト

今が旬、マコモタケ 龍郷町=秋の味覚、産地直売始まる

マコモタケ(真菰筍)が旬を迎えている。鹿児島県龍郷町秋名地区の田袋で10月28日、秋幾マコモ生産組合(重山栄仙組合長)による産地直売が始まり、町内外から秋の味覚を買い求める客らでにぎわった。

旬を迎えたマコモタケの販売に追われる生産者=10月28日、龍郷町

ㅤㅤㅤ

真菰はイネ科の多年草。黒穂菌(くろぼきん)の働きで新芽が肥大した部分が「マコモタケ」として食される。奄美大島の一部では「台湾ダーナ」とも呼ばれ、ほのかな甘味や癖の少なさが人気。天ぷらや炒め物、サラダなど、さまざまな料理で親しまれている。

今年は夏の暑さと雨量の少なさから、収穫期が平年より1週間ほど遅れているものの、味は上々の出来だという。重山組合長(73)は「マコモタケは食物繊維や鉄分、カリウムなど栄養が豊富で、葉も香りが高くてお茶などに最適。ぜひ多くの人に旬の味を楽しんでほしい」と話す。

直売所が並ぶ農道では、生産者から直伝のレシピや保存方法などを教わる人の姿も。同町の松岡紗矢さん(8)は母親に「マコモスープが食べたい」とリクエスト。奄美市の祈義夫さん(67)は「今晩の献立はマコモづくし。秋の訪れを堪能したい」と笑顔で語った。

産地直売は、秋名コミュニティーセンター前の秋名田袋1号線沿道で実施。1袋(700グラム)1000円。11月中旬まで。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 【徳之島町亀徳】徳田虎雄顕彰記念館がぜいたくすぎるコワーキングス…
  2. カヌー体験、地場産業を見学 大島北高校が校外学習
  3. MBCラジオ「あまみじかん」3月18日(第348回)は…
  4. アコウの実、鈴なり 淡い紅色も愛らしく 名瀬朝戸
  5. 五輪選手らスポーツの楽しさ伝える JALアスリートアカデミーin…
  6. 禎村さんが最高賞 徳之島=天城町産パッションフルーツ品評会
  7. 瀬戸内町でサンゴ保全シンポ 奄美は「重要海域」、山野さん(国立環…
  8. 一重一瓶囲み「墓正月」 沖永良部島知名町=墓前に親族集い、昔なが…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP