コト

瀬戸内町の子どもらと交流広げる 鹿大生=サークル活動で来島、児童クラブ訪問

サークル活動の一環として鹿児島県大島郡瀬戸内町に滞在している鹿児島大学の学生7人が8月22日、古仁屋小学校の古仁屋児童クラブを訪れた。ゲームや楽器の演奏を通して児童らと親睦を深め、楽しく交流を広げた。

クラシックギターの演奏や体験活動で児童らと交流する学生たち=8月22日、瀬戸内町古仁屋

ㅤㅤㅤ

学生たちはクラシックギターサークルと奄美愛好会「ゆりむん」のメンバーで、奄美文化の体験や地域住民との交流を目的に14日ごろから順次来島。約1週間の同町での活動には、関係人口の創出などに取り組む民間団体「せとうちんちゅネットワーク」が協力している。

この日は児童25人が参加。学生らは「じゃんけん列車」「人間知恵の輪」など大人数で遊べるゲームで場を盛り上げ、児童らと活発に交流した。

クラシックギターのミニコンサートも行い、「星に願いを」など計5曲を披露。人気アニメのテーマソング「夢をかなえてドラえもん」「さんぽ」では、児童らも手拍子をしながら元気いっぱいに合唱した。演奏体験もあり、児童たちは興味津々な様子でギターに触れて学生から弾き方を教わっていた。

古仁屋小学校の児童は「ギターはとても良い音だなと思った。大学生たちと遊べて楽しかった」と笑顔。奄美愛好会「ゆりむん」の部長で農学部4年の中島朝飛さん(24)は母が同町古仁屋出身。「小さい頃からよく奄美を訪れていた。島の文化をほかの学生たちにも知ってもらいたい。交流では子どもたちが歌が好きな様子が伝わってきた。楽しんでもらえて良かった」と語った。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 創作絵本「ばあちゃんちのパスポート」を贈呈 奄美市=復帰運動継承…
  2. ドレスコードは大島紬 銀座もとじ=奄美で”里帰り”パーティー 
  3. 徳之島・新春闘牛、「全島一」は黒龍王 熱戦に2500人沸く
  4. 唄者の里さん「楽芸員」に ~瀬戸内町立図書館郷土館=奄美の文化継…
  5. 西田美咲(奄美市笠利町出身)がMGC切符 女子マラソン「新たな目…
  6. シロアゴガエル・バスターズ始動 徳之島=外来種防除に子どもたちも…
  7. 奄美群島4町村で学校再開
  8. MBCラジオ「あまみじかん」3月23日(第401回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP