コト

魚にサンゴにウミガメ…大島海峡のパラダイスをヨットで楽しもう!

海の上を船で行くのが好き!という人は私だけではないはず。

人里を背に風を切りながらどんどん遠ざかって、沖に出るとそこはもう大自然の世界。人間はその中にほんの少しお邪魔して、魚のように泳いだり、鳥のように羽を伸ばすことができます。

観光客も多く訪れる奄美大島北部と比べると、奄美大島と加計呂麻島の間にある大島海峡には比較的人の手が入らない海やビーチが多く残ります。私が以前出会った旅人は、美しい自然環境がそのままの姿で残る奄美大島南部の海を「楽園」と表現していました。山の木々で鳥が羽を休めて歌い、蝶が小さな体で海を渡り、魚たちがサンゴと遊ぶ、船の上から見てもサンゴ礁がくっきり見えるほど澄んだ海!そこはまさに大自然のパラダイスです。

そんな大島海峡の美しい湾のひとつ、島から車では降りることができない浜に、風の力だけで進むヨットで遊びに行けるツアーがあります。1日3人限定のセーリング体験・シュノーケルツアーで、静かな自然の音を楽しみながら豊かな時間を過ごしてみましょう。

さあヨットで出発!

セーリング体験・シュノーケルツアーを案内してくれるのは、大島海峡にヨットで暮らすジュネさん。船の上から見る景色や美しい海の世界を共有したいという思いや、自然が与えてくれるものの豊かさに気付いてもらえたらという願いを込めてツアーを開催しています。

彼女の家でもあるヨット「La Wacca(ラ・ワッカ)」に乗って、いざ海へ繰り出します!このヨットの名前にも素敵な由来があるんです。船の上の生活の様子などもぜひ聞いてみてくださいね。

いい風が吹いていれば、エンジンを切って帆を出して進みます。エンジンを切った後の静かさには驚くはず!スイスイ進んでいるのに、チャプチャプという波の音や鳥の鳴き声しか聞こえなくなるんです。風を感じながら、自然と調和して一体となったかのような解放感で満たされます。

出航してから1時間ほどで、目的の湾に到着。ツアーで行くポイントは、風向きや波の様子を見て変えるときもあるそうです。

美しい大自然の真ん中でシュノーケリングやランチ、お昼寝も満喫!

沖にヨットを停めたら自由時間!SUP(サップ)をしたり、シュノーケリングをしたり、ヨットの上で本を読んだり、のびのびと過ごします。SUPで岸に上陸してももちろんOK!

シュノーケリングをすると、ポイントによってはウミガメに出会えることも。サンゴも赤青黄色にピンクと色とりどりで、カラフルな熱帯魚たちとも一緒に泳げます。

ポイントによっては浜の大きな木を利用したツリーハウスに連れていってもらえることも!ツリーハウスの3階にはブランコもあり、海やヨットを見下ろせます。暑い日も木陰に入ればホッとしますね。

ランチは手作りのメニューをいただけます。この日は、最近凝っているというスパイスカレーをいただきました。スパイスの風味が絶妙!野菜もたっぷりで心にも身体にも優しいランチです。

ランチの後は泳ぐのももちろんいいですが、船の上でお昼寝するのもおすすめ!波に揺られながら眠るとまるでお母さんの胸に抱かれているような、なんとも言えない安心感と心地よさを感じますよ。

サンセットツーリングではもちろんですが、時間が合えば1日ツアーでもサンセットを楽しめることも。自然の美しさをめいっぱい満喫できるツアーとなっています。

ツアーの間は、基本的には裸足で過ごします。ヨットの上はもちろん、浜に上陸する時も土や草、木の感覚を足の裏で直接感じ取れます。裸足で外を歩くって、なかなかしない経験ですよね。やってみると分かりますが、足の裏から感じ取ることってとても多いんです。あたたかさや柔らかさを感じたり、時には固いものを踏んで危ないかも?と思うことも。このような人間に備わっている直感を思い出すのも、とても貴重な時間になります。

360度自然に囲まれた環境にいると、なにもなくても心が満たされる感覚があるかもしれません。ゆったりと波に揺られる時間は、シンプルで豊か。この景色や感覚に出会えて、心が感謝であふれている、と言う人も。ここでしかできないことを、ぜひ体感してみてください。


ツアー詳細

●セーリング体験・シュノーケルツアー
・1日3名限定
・集合場所:古仁屋港など
・料金
1日ツアー(約6時間):10,000円
半日ツアー(約3~4時間):6,000円
サンセットクルージング:3,000円
・お問い合わせ
Instagram:https://www.instagram.com/la_wacca/
Facebook:https://www.facebook.com/SailingLawacca/

㈱しーま 編集部ライター 藤原志帆

投稿者の記事一覧

大阪大学外国語学部卒業。在学中チリ、スペイン、アメリカに留学し、中南米の6カ国28都市をバックパッカーとして周遊。その後新卒で不動産広告のITベンチャー企業に就職し、トップセールスを獲得する。TOEIC865点、スペイン語検定4級取得。現在は美しい海に憧れて奄美大島に移住し、フリーライター、通訳士(スペイン語・英語)、アフリカンダンサー、予備校など多方面で活動中。地酒の黒糖焼酎が大のお気に入り。

■「奄美群島情報サイトしーまブログ」https://amamin.jp/

関連記事

  1. 特集「世界自然遺産登録を目指して」 奄美を世界自然遺産へ【鹿児島県】
  2. ミステリーサークル出現 大島海峡、ホシゾラフグの産卵床
  3. ふるさと納税を奄美群島の自然保護に活用
  4. 南海日日新聞:写真/美しく優雅な姿を見せるオオゴマダラ=3月25日、喜界町湾 貴婦人、優雅に舞う オオゴマダラ、北限の喜界島
  5. 無人販売所・四季菜が開設 伊仙町、生産意欲向上へ
  6. 先祖に感謝、「ウヤンコー」 喜界島、シマへの思い新た
  7. MBCラジオ「あまみじかん」7月3日(第261回)は…
  8. 新鮮な海の幸に行列 天城町、お魚祭りにぎわう

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP