自然

ハマサンゴ産卵 知名町・東さんが撮影 ミドリイシも

鹿児島県知名町(沖永良部島)の沖泊沖で6月30日夜、ハマサンゴの産卵が確認され、同町のダイビングショップ・シードリーム沖永良部代表の東進一郎さん(50)が撮影に成功した。卵と精子の入ったカプセル「バンドル」が暗い夜の海を舞った。

東さんはサンゴの産卵を10年以上撮影しているが、ハマサンゴの撮影は初めて。7月4日夜にはミドリイシの産卵も撮影した。東さんによると、ハマサンゴの卵はミドリイシの卵より小さく、白いという。

今年は月齢周期などから導き出した産卵予想日が大雨、雷を伴う大荒れとなり、予想日から1週間ほど遅れての産卵確認となった。

東さんは「理由ははっきり解明されてないが、海が荒れている日は産卵しない傾向がある。サンゴからすると、子孫を広げるため、厳しいコンディションでの産卵は避けたいのでは。ハマサンゴの産卵撮影はミドリイシに比べ、のっぺりとした表面から出て来るので、不思議な感覚があった。いろんなところで命がつながっていることを感じ、感動した」と話した。

南海日日新聞〔写真〕沖永良部島で確認されたハマサンゴの産卵(上)=6月30日午後10時ごろ、知名町沖泊沖(東進一郎さん撮影)

南海日日新聞〔写真〕ミドリイシの産卵=7月4日午後10時ごろ、鹿児島県知名町沖泊沖(東進一郎さん撮影)

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. サンゴの白化確認 海水温高く、広がり懸念 奄美大島
  2. 秋深まる森に開花 奄美大島、絶滅危惧種ひっそりと
  3. 論文の内容を解説する浜田太さん(右)と水田拓さん=22日、奄美市名瀬 クロウサギの繁殖記録 浜田さん、国際学術誌に共著論文
  4. 秋本番、サキシマフヨウ満開 奄美の野山彩る
  5. ケナガネズミの交通事故急増 奄美大島、19年は最多の12件 ケナガネズミの交通事故急増 奄美大島、19年は最多の12件
  6. 陰キャ植物館
  7. 大島郡龍郷町芦徳 倉崎海岸 大島郡龍郷町芦徳 倉崎海岸
  8. 数十年に一度、リュウゼツラン開花 油井小中、職員も驚く

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP