コト

4年ぶり油井の豊年踊り シシの演舞に悲鳴や歓声

旧暦8月15日に当たる9月29日、鹿児島県大島郡瀬戸内町油井集落(永井卓郎区長、30世帯50人)で、2019年以来4年ぶりの豊年祭が行われ、県の無形民俗文化財「油井の豊年踊り」が奉納された。集落の守り神「イビガナシ」があるミャーと呼ばれる広場の土俵周りで、紙面(カミメン)姿の踊り手たちが「土俵祓(ばら)い」や「稲刈り」などユニークな演目を次々に披露。年間最大の集落慰安日を楽しんだ。

油井の豊年踊りの始まりとなる「綱切り」=9月29日、瀬戸内町油井

ㅤㅤㅤ

午後2時に「綱切り」からスタート。広場の隅には長さ約30メートル、直径10センチのわら綱が置かれ、ほら貝を吹く力士や住民が東西から引き合うと、鎌を手にしたシシが現れ綱を切断。カメラを手にした大勢の見物客が見守り、盛り上がった。

土俵上の厄を払う「土俵祓い」や豊作を喜ぶ「稲刈り」などでは、紙面を付けた踊り手が、無言の劇風に体を揺らし表現。シシが女性を襲う「玉露カナ」では、シシ役に襲われた集落の幼児らが悲鳴や歓声を上げて喜んだ。盲目の座頭が酔っぱらう「ガットドン」ではユニークな演技に会場からは笑い声が起きた。

油井の豊年踊り保存会の岡野弘明会長(70)は「油井に伝わる伝統を今に伝えようと練習してきた。本当に楽しい。多くの人に見てもらえて元気をもらえる」と笑顔。

永井区長は「4年ぶりに本来の姿で油井の豊年祭ができてほっとしている。油井の歴史と文化をこれからも次の世代につないでいきたい」と話した。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 「子宝の島」で命育む  徳之島で勝廣光さん=双子クロウサギを撮影…
  2. 奄美の梅雨のお楽しみ♪梅雨に咲く花ウォッチング!
  3. 奄美黒糖焼酎の可能性探る 奄美大島=イタリアのバイヤーが蔵元視察…
  4. 学びの成果、店頭で 奄美高校=商店街でチャレンジショップ
  5. 旬のおいしさを味わうなら国産マンゴー!
  6. 奄美の『蘇鉄』(ソテツ)
  7. MBCラジオ「あまみじかん」4月16日(第301回)は…
  8. 世界自然遺産の山々の麓で賑わう「三太郎の里」

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP