奄美

  1. 唄者の里さん「楽芸員」に ~瀬戸内町立図書館郷土館=奄美の文化継承に取り組む

    瀬戸内町立図書館郷土館係にこのほど、同町職員で唄者の里朋樹さん(31)が着任した。資格を持つ「学芸員」に代わり、島唄継承者としての経験を生かしながら奄美文化の保存や普及に取り組む通称「楽芸員」として活動する。里さんは「島のことを島内外の人に…

  2. 奄美の植物を用いた素敵な作品達!ハンドメイド作家、【奄美の木の実屋 成実(なみ)】さん

    うがみんしょーらん!ライターのとらおです。奄美大島には好きなことを仕事にされる、ハンドメイド…

  3. 奄美の森は最終形態!?森が苔からできて「陰樹の森」になるまで

    奄美大島の自然と言われてまず思い浮かぶのは青く輝く海かもしれません。ですが、その海の豊か…

  4. 奄美を歩けば食材の宝庫⁉食べられる草花、どれだけ知ってる?

    食べられる草と言えば、長命草やヨモギを思いつく方は多いかもしれません。ですが、自生して「雑草…

  5. 土木フェスタ in あまみ

    今回で8回目を迎える「土木フェスタ in あまみ」は、毎回、家族連れに大人気のイベントです。…

  6. 奄美らしさと私たちのこれから

  7. 奄美・世界自然遺産 遊覧フライトに密着

  8. 地元の人も旅人も大好きになる森夫婦が営むカレー屋さん、ノマド(NOMAD)

  9. 空から探訪!世界自然遺産・奄美

  10. 奄美市・三太郎線 希少生物保護へ 10月末から通行制限

  11. 奄美・徳之島世界自然遺産~エアラインスタッフの思い~

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP