サンゴ

  1. サンゴの白化確認 奄美大島沿岸=台風少なく高水温影響か

    鹿児島県の奄美大島沿岸で30日までに、局所的にサンゴの白化現象が確認された。例年と比べて台風の接近が少なく、海水温の高い状態が続いたためとみられる。31日以降、奄美近海に台風が接近する見込みで、調査を行った奄美海洋生物研究会の興克樹会長は「…

  2. サンゴが産卵 奄美大島大和村沖~ピンクのカプセル、無数に漂う

    鹿児島県奄美大島の大和村国直沖で20日から、3夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究…

  3. サンゴの「健康度高い」~大島海峡でリーフチェック

    地元ダイビング事業者らで組織する瀬戸内町海を守る会(祝隆之会長)と日本自然保護協会は4月25日、鹿児…

  4. サンゴの苗作り体験 与論町漁協、海の環境保全へ勉強会

    鹿児島県与論島の与論町漁業協同組合(阿多美智雄組合長)は11、12の両日、町内の3小学校の児童を対象…

  5. 児童がサンゴ石垣修復 早町小、島ならではの伝統実感

    鹿児島県喜界島の喜界町立早町小学校(長田正浩校長)の5年生11人は14日、同町阿伝集落でサンゴの石垣…

  6. サンゴの大産卵

  7. サンゴの一斉産卵始まる 奄美大島・大和村

  8. ヨロン島リーフチェック サンゴ、回復傾向認められず

  9. 100人のメッセージ「興克樹さん」

  10. 豪雨、土砂が成長に影響 奄美大島でサンゴ骨格分析

  11. 季節ごとの誘惑の海洋生物

    季節ごとの誘惑の海洋生物

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP