コト

3年ぶりにカツオ祭り 加計呂麻島芝集落=安全・大漁祈願、魚や餅振る舞う

鹿児島県大島郡瀬戸内町の加計呂麻島芝集落で4月30日、恒例のカツオ祭りがあった。新型コロナウイルスの影響を受けて3年ぶりに開催。漁船団が大島海峡内で勇壮な会場パレードを繰り広げた後、見物客にカツオなど約1・5㌧の魚や祝い餅を振る舞い、漁の安全や大漁を祈願した。

3年ぶりに開催され、多くの人出で盛り上がったカツオ祭り=4月30日、瀬戸内町芝

ㅤㅤㅤㅤㅤ

明治期からカツオ漁で栄えた同集落の代表的な催し。人口減少や高齢化に伴い、近年は脇田総合(脇田光昭社長)が主催している。例年、加計呂麻島内外から訪れる人々でにぎわっており、3年ぶりの開催となった今年も、海岸には大勢の地域住民や観光客が集まった。

午後1時50分過ぎ、大漁旗を掲げた大小8隻の漁船団が繰り出し、海上をパレード。陸上からは大きな拍手と歓声が上がり、カメラを構える人の姿も見られた。

カツオの模擬釣りが終わると、待望の餅投げがスタート。餅が入った小袋にはカツオ、キハダマグロなど魚の引き換え券が付いた当たりもあり、老若男女は船員へ「こっちにも投げて」などと声を掛けながら小袋に手を伸ばした。

後半はマグロ解体ショーがあり、見物客へ刺身が振る舞われたほか、島唄や踊りなどの余興で盛り上がった。

会場を訪れた奄美市名瀬の大山幸久さん(67)は「初めて来たが、人が多くて驚いた。カツオが2匹当たり、来てよかった。食べるのが楽しみ」と話した。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 保護したアオウミガメ放流 大和村=夏休みの子どもたちが見守る
  2. 奄美に魅せられ「ゲニウス・ロキ」 写真家の館野さん、東京で写真展…
  3. MBCラジオ「あまみじかん」7月15日(第365回)は…
  4. 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役
  5. 「おしごとテーマパーク」に行ってみた~! 「おしごとテーマパーク」に行ってみた~!
  6. MBCラジオ「あまみじかん」9月23日(第375回)は…
  7. 「サイサイ節」で黒糖焼酎PR 沖永良部島ゆかりのアーティストが動…
  8. 「汀の群島」発行 ハモニカ横丁東京、奄美の闇市を特集

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP