コト

笠利地区は8割超え 成人式の紬着用率 奄美全体は2割

本場奄美大島紬協同組合(牧雅彦理事長)は、鹿児島県奄美群島14市町村・地区で行われた2022年成人式の大島紬着用率をまとめた。群島全体の着用率は19・0%(男性19・4%、女性18・5%)で、前回調査時(20年)を5・5ポイント下回った。奄美市笠利地区が88・6%(男性89・5%、女性88・0%)、龍郷町が70・6%(男性66・7%、女性73・7%)と、主産地の奄美大島北部を中心に同島で高い傾向となった。

調査は13年から紬協組が各市町村に依頼してまとめ、公表している。21年は新型コロナウイルスの影響で成人式が中止となったため、調査を行っていない。

今年の群島内の成人式は2~4日に行われ、出席者総数は922人(男性500人、女性422人)。このうち、紬着用者は175人(男性97人、女性78人)だった。紬着用率が前回調査を上回ったのは、奄美市笠利地区、同市住用地区、宇検村のみ。

「龍郷柄」「秋名バラ」発祥の地である龍郷町、男物紬の産地として知られる奄美市笠利地区の着用率は例年7割以上と高く、17年度に導入した紬購入助成制度の効果も反映されているとみられる。奄美大島に比べ、業者や織り技術者の少ない喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島は着用者が少ない傾向にある。

笠利地区は前回調査に比べて7・8ポイント増加しており、市紬観光課の担当者は「学生向けの着付け体験をはじめ、『紬の日』にちなんだ取り組みの一環で行った新しい着こなしの提案などで、成人式を迎える若い世代が大島紬に親しみを持つようになったのではないか」と分析。「笠利地区では子どもに成人式で紬を着せたいという親が他地区に比べ多いことも要因の一つと考えられる」と話した。

南海日日新聞〔写真〕大島紬着用率が88・6%だった奄美市笠利地区の成人式=3日、笠利農村環境改善センター

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. ゼロカーボンアイランドへ 知名・和泊両町が環境省の脱炭素先行地域…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」6月26日(第260回)は…
  3. ふるさと納税を奄美群島の自然保護に活用
  4. 「汀の群島」発行 ハモニカ横丁東京、奄美の闇市を特集
  5. 100人のメッセージ「奄美博物館・高梨修館長」
  6. ケナガネズミの交通事故急増 奄美大島、19年は最多の12件 ケナガネズミの交通事故急増 奄美大島、19年は最多の12件
  7. クイズで学ぶ世界自然遺産 オンライン子ども講座
  8. MBCラジオ「あまみじかん」1月29日(第290回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP