コト

キャンパーバンで移住体験 イノベーんちゅAWARD=大賞は山本さん、与論活性化へさまざまな提案

鹿児島県与論島の地域課題解決を目指すビジネスプランコンテスト「イノベーんちゅAWARD2024」(同実行委員会主催)は2月23日、与論町砂美地来館(さびちらかん)であった。審査員や一般来場者を前に町内の6人が自身の考えを発表。イノベーんちゅ大賞には、キャンパーバン(寝泊まりできる設備を備えた車)のレンタルで、家が見つかるのを待たずに移住体験を可能とする山本真衣さんの「モビリティハウス・ヨロン」が輝いた。

6人が自身のビジネスプランを発表したイノベーんちゅAWARD2024=2月23日、与論町

ㅤㅤㅤㅤㅤ

コンテストは地域の活性化、発展に貢献する人材「イノベーんちゅ」の育成、確保を目的に3回目の開催。▽新しい価値を創出しているか▽望まれているか▽実現できるか▽持続可能か―を基準に審査し、大賞1件、優秀賞2件を選んだ。

発表で、山本さんはキャンパーバンレンタル事業について「自然を求めて車を走らせ、自然の中での生活を楽しむバンライフは、自然が身近にある与論島との相性抜群」と強調。同島の住宅不足問題を課題に挙げ、「家や空き家が少ない与論島では、モビリティ(移動性)こそが若者を増やす鍵になるのではと感じている。若者が住みたいと思える未来をつくりたい」と訴えた。

優秀賞には大山和子さんの畑のレンタルサービス、河野祐子さんの島産材を使った固形せっけん開発の両事業提案が選ばれた。受賞者には、伴走支援付きの事業支援補助金が交付される。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 大島高校 感謝・応援メッセージ動画
  2. 4年ぶり油井の豊年踊り シシの演舞に悲鳴や歓声
  3. 奄美市で紬の日のつどい 奄美市で紬の日のつどい
  4. 〔写真〕巣穴に餌を運ぶアカショウビン=25日午前8時ごろ、喜界町(築秀夫さん撮影 アカショウビン、子育て真っ最中 喜界島、築さんが撮影
  5. 減少傾向が続くリュウキュウアユ 減少傾向続くリュウキュウアユ 奄美大島、例年下回る
  6. MBCラジオ「あまみじかん」2月25日(第345回)は…
  7. 奄美大島・大和村でアマミノクロウサギ保護ネット設置
  8. 空から探訪!世界自然遺産・奄美

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP