コト

地図から奄美を知ろう 環境省=「国立公園自然環境アトラス」公開

環境省はこのほど、自然環境や人との関わりなど幅広い視点から鹿児島県の奄美群島についてまとめた地図集「奄美群島国立公園自然環境アトラス2023」をウェブ上で公開した。担当者は「奄美群島の自然や文化のことを地図から眺めて考える、全国的にも珍しい取り組み。学術的な学びの面白さを感じてほしい」と活用を呼び掛けている。

アトラスの活用を呼び掛ける環境省の職員=1月30日、大和村の野生生物保護センター

ㅤㅤㅤㅤ

アトラスとは、複数の地図を一定の方針で編集した地図帳のこと。奄美群島自然環境アトラスでは「自然環境」「土地利用」「生きもの・保全」「環境文化」の四つのテーマ別に計24の地図を編集。各島の地質学的な違いや、1976年と2014年の土地利用の比較、国の特別天然記念物アマミノクロウサギの生息範囲と事故多発地域、妖怪「ケンムン」の目撃例など、多彩な切り口で奄美群島を俯瞰(ふかん)した。

アトラスは群島内の小・中・高校と図書室・図書館、奄美市名瀬のAiAiひろばと市立奄美博物館、同市住用町の世界遺産センターと三太郎の里、龍郷町のりゅうがく館で手に取って読むことができる。また、環境省のホームページでも内容を公開している。

環境省奄美群島国立公園管理事務所の山根篤大国立公園保護管理企画官は「読み物としても面白く、それぞれの地図を見比べると新しい発見があるかも。大人から子どもまでたくさんの人に見てもらいたい」と話した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」4月10日(第249回)は…
  2. 3項目でB判定 自然遺産連絡会議・徳之島部会=ネコ対策など見直し…
  3. 奄美・世界自然遺産 遊覧フライトに密着
  4. MBCラジオ「あまみじかん」2月12日(第292回)は…
  5. 奄美らしさと私たちのこれから
  6. MBCラジオ「あまみじかん」3月27日(第247回)は…
  7. 一重一瓶囲み「墓正月」 沖永良部島知名町=墓前に親族集い、昔なが…
  8. 間伐材で木工体験 奄美市の住用小学校=林業、楽しく理解

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP