コト

おもてなしの気持ち込めて JACフェスin奄美=40周年企画、機体展示やCA体験も

日本エアコミューター(JAC・本社鹿児島県霧島市、武井真剛代表取締役社長)主催の創立40周年イベント「JACフェスティバルin奄美」が12月10日、奄美空港(奄美市笠利町)ターミナルビルと格納庫で開かれた。家族連れや航空ファンなど約1000人が来場。9日に就航した40周年の特別ロゴを配した機体展示やフライトレコーダーなどの部品紹介、制服試着やグッズ販売など、JAC社員によるおもてなしの心にあふれた多彩な企画を楽しんだ。

40周年の特別ロゴ(右上)を配した機体の見学で、説明を受ける節田小の児童ら=12月10日、奄美空港

ㅤㅤㅤㅤ

同社は1983年7月1日に当時の東亜国内航空(TDA、後にJAS、現JAL)と奄美群島(現12市町村)の共同出資で設立。同年12月10日に奄美群島間を結ぶ4路線で運航を開始した。現在は大阪、九州、沖縄など21路線、1日約73便を運航している。

オープニングセレモニーで武井社長は「奄美群島に支えられ40周年を迎えられた。今後も安全第一に生活路線を守っていく。きょうは子どもたちにも航空会社の仕事に興味を持ってほしい」と述べた。

客室乗務員体験。マイクアナウンスに挑戦する女の子(中央)=12月10日、奄美空港

ㅤㅤㅤㅤ

会場では社員による手作りの多彩なイベントを展開。CA(客室乗務員)体験では、子どもたちが実際の救命具を用いたアナウンスに挑戦。特設ステージは現役の整備士たちによる航空教室や抽選会で盛り上がった。機体見学には、絵画作品展に協力した笠利町内の小学生ら48人を招待。現役パイロットによるコクピット案内が行われた。奄美市名瀬の児童養護施設カリタスの園「白百合の寮」の子どもたちを招待した遊覧飛行や、歌手・元ちとせさんのライブもあった。ㅤㅤㅤㅤ

コクピットで操縦桿(かん)を握った節田小学校の児童は「本当に操縦しているみたいな気持ちになった。とっても楽しかった」と笑顔で話した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 「ジオパクパク給食」スタート 喜界町=食材通じ、地元の恵み実感
  2. 南海日日新聞〔写真〕名瀬沖に現れた珍客マンボウ(興さん撮影) 名瀬沖にマンボウ 興さん「奄美で見たのは初めて」
  3. 国際交流の輪広げる 奄美市=「英会話カフェ」初開催、移住の西田さ…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」4月29日(第354回)は…
  5. 南海日日新聞〔写真〕国道58号から望むマングローブの森=1日、奄美市住用町 高速ネットラウンジが開所 ビジネスに対応 徳之島町
  6. サンゴの一斉産卵始まる 奄美大島・大和村
  7. 奄美が誇るキングオブスイーツ、黒糖の生まれる場所
  8. MBCラジオ「あまみじかん」1月22日(第289回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP