コト

東京へ「春一番」徳之島観光・物産フェアにぎわう

東京で徳之島フェア

南海日日新聞〔写真〕今年もにぎわった、とくの島観光・物産フェア=2月23日、東京・代々木公園

南海日日新聞〔写真〕今年もにぎわった、とくの島観光・物産フェア=2月23日、東京・代々木公園

第8回「とくの島観光・物産フェアin東京」(関東徳州会・徳之島3町郷友会主催)が2月23日、東京・代々木公園であった。当日は好天に恵まれ、家族連れなど約2万人が来場。出荷が本格化した赤土新バレイショ「春一番」の味覚を楽しみ、多彩な音楽に聴き入った。会場は寒さを吹き飛ばす「徳之島パワー」で熱気に包まれた。

フェアは関東エリアにおける徳之島物産の販路拡大、観光PRが目的。高岡秀規徳之島町長と大久保明伊仙町長があいさつし、出身者の古里に寄せる気持ちに謝辞を述べた。今年も徳之島出身者ら約200人がボランティアで協力した。

今年は41店舗が出店。「春一番」のバター焼きやタンカン、奄美黒糖焼酎、豚汁、おでん、黒糖などを販売した。中でも徳之島町の文具店が企画し、島内の社会福祉法人が製作を請け負ったバス停をモチーフにしたバッジやキーホルダーが人気を集めた。

展示即売の目玉になったのが、徳之島産の赤土新バレイショ3トンとタンカン500キロ。正午前には完売した。
毎年好評の芸能ステージには、島ゆかりのアーティスト11組が出演し、客席は立ち見が出る盛況ぶり。総踊りの「ワイド節」「六調」でにぎやかに締めくくった。

人気を集めた「島のバス停」コーナー2月23日、東京・代々木公園

人気を集めた「島のバス停」コーナー2月23日、東京・代々木公園


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 奄美の自然
  2. 思い思いの模様に染め上げる 奄美高校が泥染め体験
  3. MBCラジオ「あまみじかん」1月16日(第237回)は…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」11月14日(第229回)は…
  5. 日本のゴーギャン 田中一村。絵の魅力や製作への熱意を学芸専門員に…
  6. MBCラジオ「あまみじかん」5月29日(第256回)は…
  7. MBCラジオ「あまみじかん」12月4日(第282回)は…
  8. 南海日日新聞〔写真〕朝山市長と握手する服部選手(左)=17日、奄美市役所 メダル目指し奄美合宿 東京五輪、マラソンの服部選手

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP