コト

誰もが楽しめる観光地へ 与論町=おもてなし研修会、ユニバーサルツーリズム学ぶ

障がい者や高齢者など誰もが安心して楽しめる観光地を目指す「おもてなし研修会」が10月17、18の両日、鹿児島県与論町(与論島)で開かれた。マリンスポーツ関係の観光事業者、福祉関係者、飲食店など両日とも15人が参加。安全に楽しめる観光「ユニバーサルツーリズム」への理解を深めた。

スタンドアップパドルサーフィンを使った介助方法の実技もあった研修会=10月17日、与論町(提供写真)

ㅤㅤㅤ

研修会は県大島支庁の奄美群島心のおもてなし推進事業の一環。福祉、観光の両面で全国のユニバーサルツーリズムを推進している「バリアフリーネットワーク会議」(沖縄県)の親川修代表が講師を務めた。

初日はB&G海洋センターで「海のアクティビティのサポート」をテーマに実技研修を実施。マリンメニューの構成や障がい別の接遇など海で必要なサポートを説明したほか、海上でスタンドアップパドルサーフィン体験の介助方法を教えた。

2日目は町役場の会議室で「こころのおもてなしとは~すぐできる心のバリアフリー対応」をテーマに座学があった。親川代表はバリアフリーとユニバーサルデザインの違いを説明し、「ユニバーサル社会の実現を目指すには、誰もが安全安心で同じように利用できる公平性が大切。高齢者や障がいを持った方が何に困っているのか、どこで困るのかに気付くこと。ハードでなくハートで解決。障がいを理解する。これしかない」と強調した。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」8月7日(第266回)は…
  2. イシカワガエル、3世代同居? 奄美市のゴルフ場=水抜き穴から仲良…
  3. 民俗村・菊秀史さんが講演 与論島=全国まちづくり交流会、北海道か…
  4. 西田美咲(奄美市笠利町出身)がMGC切符 女子マラソン「新たな目…
  5. MBCラジオ「あまみじかん」6月1日(第411回)は…
  6. 登録決定から一夜 奄美、喜びに沸く
  7. 大島高校 感謝・応援メッセージ動画
  8. 「リュウキュウアユ」いたよ 宇検村・阿室小中学校=生き物の多様性…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP