自然

「幻の桜」開花 龍郷町=ナーノの古木、春の訪れ告げる

4日は二十四節気の「立春」。暦の上では春の始まりとされる。鹿児島県龍郷町(奄美大島)の山奥では、「幻の桜」ともいわれるヒカンザクラの古木が満開になり、ひっそりと春の気配を漂わせている。

長雲峠の山間部、嘉渡川上流にある「ナーノ(中野)」という集落跡地にあり、「ナーノの桜」と呼ばれる。かつて一帯を治めた豪農の屋敷の庭木だったとされる。人の往来が途絶えた後も、桜は鮮やかな花を咲かせ続けている。

峠にある奄美自然観察の森の川畑力自然観察指導員は「幹周りが太く、圧倒的な存在感に神々しさを感じる。近くに炭窯もあり、昔の人の暮らしの大変さが分かる場所。大事に残していきたい」と話した。

南海日日新聞〔写真〕龍郷町の山奥で春を告げている「ナーノの桜」

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 21年目に開花 笠利町里、民家のアガベ・アテナータ
  2. 奄美野生生物保護センター提供:交通事故防止を呼び掛ける看板を設置した関係者ら=18日、瀬戸内町 クロウサギの事故多発 奄美大島、看板設置で注意喚起
  3. 南海日日新聞〔写真〕冬の森を彩るアマミテンナンショウ=奄美大島 希少種、奄美の冬の森彩る アマミテンナンショウ咲く
  4. 日本一美しいカエルも 県立博物館で希少動物写真展
  5. 南海日日新聞:写真/アマシバ 春らんまん、奄美の森 幻の花、絶滅危惧種咲き誇る
  6. たつごうサイクルプロジェクト
  7. 珍種「キジロオヒキグモ」、徳之島で初確認 別名は「スコーピオン・…
  8. 夏の夜を彩る一夜花、「サガリバナ」と「月下美人」

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP