コト

初のキャンドルナイト 伊仙町阿権、集落に幻想的空間

鹿児島県徳之島の伊仙町阿権集落(重松信雄区長、約150世帯)で8日夜、キャンドルナイトがあった。子どもたちや保護者らが制作した灯籠にろうそくやライトの明かりがともされ、集落に幻想的な空間が広がった。

同集落では阿権八幡神社で毎年7月に六月灯が開催され、阿権小の児童が作った灯籠が飾られている。今年は新型コロナウイルスの影響で六月灯が中止になったことから、児童が制作した灯籠を飾る機会を設けようと、阿権子ども会育成会がイベントを企画した。

同育成会が材料を準備し、先月上旬から制作した灯籠を、樹齢300年のガジュマルから同神社に続く石垣沿いの町道約150メートルに設置。午後7時すぎから同8時半まで明かりがともされ、住民は散歩しながら情緒あふれる世界を楽しんだ。

児童の一人は「みんなで作った灯籠がライトアップされ、喜んでくれてうれしい」と述べ、同育成会の田中真須美会長(43)は「初めて企画したイベントだったが、灯籠の光がやさしく、見ていて心が安らいだ。来年以降に六月灯が復活しても、季節を変えて実施していきたい」と話した。

南海日日新聞〔写真〕住民が製作した灯籠をライトアップしたキャンドルナイト=8日、伊仙町阿権

南海日日新聞〔写真〕住民が製作した灯籠をライトアップしたキャンドルナイト=8日、伊仙町阿権


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. まるでジブリの世界?喜界島の神秘的な巨大ガジュマル神秘的な巨大ガジュマル まるでジブリの世界?喜界島の神秘的な巨大ガジュマル
  2. まるで外国語。いくつ知ってる?奄美の方言
  3. 南海日日新聞〔写真〕瀬戸内町加計呂麻島のアシャゲ(県教育委員会提供) 県文化財指定へ 加計呂麻のアシャゲ、中甫洞穴の出土品
  4. サンゴの大産卵
  5. 日本のゴーギャン 田中一村。絵の魅力や製作への熱意を学芸専門員に…
  6. 大浜サマーフェスティバル2020~奄チュアミュージックの祭典~
  7. ナマコの分布と生態判明 奄美大島沿岸、14種確認
  8. 沖永良部島 ”島立ち”の春

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP