黒糖焼酎

  1. 廃棄瓶でSDGsキャンドル 宇検村出身の塩本さん開発

    鹿児島県奄美大島・宇検村出身のキャンドル作家・塩本留巳さん(57)が手掛ける奄美大島開運酒造(渡慶彦代表取締役)の黒糖焼酎「れんと」の廃棄瓶を活用したSDGs(持続可能な開発目標)商品のアロマキャンドル「Amami Blue Soy Can…

  2. 黒糖焼酎の魅力体感 奄美大島=モニターツアー、島の文化や風土学ぶ

    国内外の酒類販売や観光の関係者を対象に、黒糖焼酎と地域の魅力をPRするモニターツアー「焼酎トレイルi…

  3. 月ぬきゅらさーや、アーケード街で乾杯! 奄美市=黒糖焼酎女子が主催、新しい楽しみ方も提案

    夕食前にアーケード街で乾杯-。鹿児島県奄美市名瀬のティダモール中央通り(アーケード街)で9月10日、…

  4. 「サイサイ節」で黒糖焼酎PR 沖永良部島ゆかりのアーティストが動画制作

    沖永良部島ゆかりのアーティストらがこのほど、コロナ禍で売り上げが落ち込んでいる地元黒糖焼酎の認知度を…

  5. 奄美黒糖焼酎の可能性探る、老舗蔵元の挑戦

    奄美市名瀬の弥生焼酎醸造所(川崎洋之代表社員)は今年、創業100年を迎えた。奄美大島では最も古い蔵元…

  6. じいちゃんとまさきち君の世界遺産焼酎

  7. MBCラジオ「あまみじかん」第174回は…

  8. MBCラジオ「あまみじかん」第110回は…

  9. 【教えて!あまみんちゅ 第67回・10月8日放送】

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP