徳之島

  1. 世界遺産「登録勧告」 徳之島3町長「新しいスタート」

    鹿児島県奄美と沖縄の4島の世界自然遺産登録について、ユネスコの諮問機関が事実上の「合格判定」となる勧告をしたことをうけ、徳之島の3つの町の町長は12日合同会見を開き、登録の正式決定へ期待を示しました。(天城町 森田弘光町長)…

  2. 西郷と島民の交流熱演 徳之島、中高生が島口ミュージカル

    鹿児島県徳之島の中高生らでつくる「結シアター手舞」の島口(方言)ミュージカル「結―MUSUBI―」公…

  3. オオハクチョウが飛来 2羽、優雅に水面泳ぐ 伊仙町

    鹿児島県徳之島の伊仙町検福の池に、成鳥間近のオオハクチョウ2羽が飛来した。1月31日、近くの住民が発…

  4. 島の宝を未来につなぐ!徳之島しまっ子ガイド 兼久小学校

    世界自然遺産登録を目指している徳之島から子どもたちの話題です。今、世界自然遺産登録を…

  5. 闘牛再開、10カ月ぶり 「全島一」は牛若赤丸が初防衛

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、鹿児島県徳之島で自粛が続いていた闘牛大会が元日から、約10カ月ぶ…

  6. 「奄美・沖縄」審査、今夏に 世界自然遺産、再挑戦

  7. 世界自然遺産、登録へ決意新た 来夏、奄美・沖縄審査

  8. 「アキムチ」復活 伊仙町阿権、ハロウィーン仮装も

  9. 阿権小児童が島っ子ガイド 集落魅力、たっぷり紹介

  10. MBCラジオ「あまみじかん」8月1日(第214回)は…

  11. MBCラジオ「あまみじかん」7月18日(第212回)は…

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP