アカショウビン

  1. 日本のゴーギャン 田中一村。絵の魅力や製作への熱意を学芸専門員に聞く!

    亜熱帯特有のムシムシした重い空気の中を、軽やかにそよぐ海風。ザワザワと揺れるたくさんの大きな葉の向こう側には、穏やかな海が優しく波音を響かせている。奄美大島に移住して絵を描き続け、今や「日本のゴーギャン」とも呼ばれる画家…

  2. 〔写真〕巣穴に餌を運ぶアカショウビン=25日午前8時ごろ、喜界町(築秀夫さん撮影

    アカショウビン、子育て真っ最中 喜界島、築さんが撮影

    アカショウビンが子育て鹿児島県喜界町(喜界島)中里の会社員・築秀夫さん(52)が25…

  3. 撮影:鳥飼久裕氏「アカショウビン」地面でえさを採ったのか、嘴が土で汚れていた。

    奄美の鳥たちが元気になる季節の到来です!

    愛鳥週間の頃、奄美の鳥たちは子育ての真っ最中毎年5月10日から17日は愛鳥週間です。日本本土では…

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP