コト

オオハクチョウが飛来 2羽、優雅に水面泳ぐ 伊仙町

鹿児島県徳之島の伊仙町検福の池に、成鳥間近のオオハクチョウ2羽が飛来した。1月31日、近くの住民が発見。水面を泳いだり、餌を食べたりしながら羽を休めている。

オオハクチョウはアイスランドからロシアのカムチャツカ半島にかけて繁殖し、東アジアでは中国や韓国、日本で冬を越す。

奄美野鳥の会の鳥飼久裕会長(60)によると、国内では北陸地方や東北地方で越冬するが、奄美群島まで南下するケースもある。2015年1月に喜界島、16年11月には奄美大島でそれぞれ幼鳥1羽、今年に入り1月2日に奄美大島、同7日に沖永良部島で成鳥2羽が目撃されているという。

南海日日新聞〔写真〕飛来した2羽のオオハクチョウ=31日、伊仙町検福

南海日日新聞〔写真〕飛来した2羽のオオハクチョウ=31日、伊仙町検福


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 観光に電動キックボード活用 与論島、実証実験始まる
  2. 奄美の自然
  3. 南海日日新聞〔写真〕名瀬沖に現れた珍客マンボウ(興さん撮影) 名瀬沖にマンボウ 興さん「奄美で見たのは初めて」
  4. ふわふわ、ひらり。「フルフラガーデン」で、南国の美 しい蝶と過ごすひと時 奄美大島 龍郷町/ふわふわ、ひらり。「フルフラガーデン」で、南国…
  5. 奄美 サプライズ花火
  6. 2020『奄美テレビ』 新番組
  7. 外来植物3種を駆除 奄美市住用町、環境省と住民が協力
  8. あいみパラグライダースクール『パラグライダー体験』

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP