コト

阿権小児童が島っ子ガイド 集落魅力、たっぷり紹介

鹿児島県徳之島の伊仙町立阿権(あごん)小学校(岩元博美校長、児童20人)の児童らが、地元の観光スポットを案内する「島っ子ガイド」が17日、同校周辺であった。3~6年生13人がガイド役を務め、阿権校区を除く町内在住の親子とともに集落の名所を巡ってその魅力を紹介した。

同校は2016年度から、郷土学習の一環で島っ子ガイドを展開している。今回は自然や文化、人を生かした学びの場を提供する「いせん親子チャレンジ教室2020」(同町教育委員会主催)を兼ねて活動した。

児童らは2班に分かれ、それぞれ学校を発着点に石垣の町並みや渓谷、樹齢300年のガジュマルなどおすすめスポット10カ所を回った。歴史や言い伝えなどをクイズ形式で紹介しながら、参加者を楽しませた。

ガイド役の一人は「初めて集落を歩いたお客さんに魅力を伝えるのは難しい。ガイドを通して阿権集落のことをもっと知ってもらいたい」と話した。

息子と2人で参加した町内の男性(33)は「阿権集落は普段車で通るだけだったので、ガイドを受けていろんな魅力を知った。今度は家族みんなで集落を歩いてみたい」と語った。

南海日日新聞〔写真〕集落の魅力について紹介した阿権小児童の「島っ子ガイド」=17日、伊仙町阿権

南海日日新聞〔写真〕集落の魅力について紹介した阿権小児童の「島っ子ガイド」=17日、伊仙町阿権


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 人気を集めた「島のバス停」コーナー2月23日、東京・代々木公園 東京へ「春一番」徳之島観光・物産フェアにぎわう
  2. オオハクチョウが飛来 2羽、優雅に水面泳ぐ 伊仙町
  3. 消滅危機をどう回避 奄美で「言語・方言サミット」 消滅危機をどう回避 奄美で「言語・方言サミット」
  4. 〔写真〕特別公開された「ケンタ」=24日、平川動物公園 アマミノクロウサギ特別公開 平川動物公園、保護の2匹
  5. ナマコの分布と生態判明 奄美大島沿岸、14種確認
  6. ナイトツアーの増加で野生生物への影響が懸念される三太郎峠=3月、奄美市住用町 三太郎線、利用ルール導入へ
  7. 宇検村で開催!集落対抗ソフトボール大会 宇検村で開催!集落対抗ソフトボール大会
  8. 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役 大島紬の「奄美ウエア」伝統工芸士会、産地PRに一役

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP