グルメ

奄美から旅するお菓子カシュカシュ

しーまライターのMICAです。

奄美大島の北部に位置する笠利町。
奄美の玄関口である奄美空港が位置する、サトウキビ畑が広がるのどかな地域です。

笠利町に移住して6年。自分の大好きなお菓子をたくさんの人に食べてほしい、そんな思いでお菓子を作り続けている『cache cache.カシュカシュ』さんをご紹介します。

お菓子屋さんの名前である『カシュカシュ』とは、フランス語で『かくれんぼ』という意味です。

お菓子作りの始まり

『cache cache.カシュカシュ』でお菓子を作っているのは、安田ゆかりさん。昔からお菓子作りが大好きで、大人になってからも仕事でお菓子屋さんの接客に関わりながら、趣味で作り続けていたそうです。

手間と愛情をかけて作ったお菓子を販売するきっかけになったのは、移住先である奄美大島での出会いでした。

移住して初めて勤めた勤務先でパン作りの補助をしながら、お菓子作りが趣味であることをオーナーに話すと、「店頭で売ってみたら?」という流れに。せっかく店頭で売るなら、お菓子屋さんの名前も決めようと名づけた『cachecache.カシュカシュ』は、実店舗を持たずにお菓子の販売をスタートすることになりました。

次の転職先でもお店にお菓子を置くことを了承してもらい、働きながら店頭でのお菓子販売を続けていました。そのうちに少しずつ販路が広がり、個別で注文が来るようになってきたそうです。

『cache cache.カシュカシュ』で作っているのは素朴なプラントベースのお菓子。

元々乳製品が得意ではなかった安田さんですが、乳製品を使ったお菓子などは食べていたそうで、以前は乳製品を使ったお菓子も作っていました。

奄美大島に来たからには、身体によいもので作りたいという意識もありましたが、島で仕入れる材料でお菓子が美味しく保たれる工夫をしていたら、自然と乳製品を使うという選択肢がなくなっていたそう。島のものを活かし、自分が食べたいと思えるお菓子を作り続けていた結果が、今のお菓子のスタイルに繋がっています。

誕生日ケーキを家族の誕生日ごとに注文してくれるお客様や、「手土産に持っていきたい」と飛行機の待ちの間にお菓子を受け取りに来られるお客様など、『cache cache.カシュカシュ』のお菓子を楽しみにしてくださっている方々がいらっしゃるそうです。

私も『cache cache.カシュカシュ』のタルトファンの一人ですが、サクサクとした生地と程よい甘さが病みつきになります。季節の果物を使ったタルト、少しスパイシーな塩味が癖になるピーカンナッツのタルトなどなど、時期に合わせたお菓子を食べることができるのも楽しみの一つです。

ほとんどの方がお任せ注文のようで、安田さんがお客様にこれを食べてもらいたいなと思うものを、その時のインスピレーションで作っているそう。

数種類の焼き菓子をメインに販売していますが、イベント等では焼き菓子のほかに、夏限定のココナッツミルクを使ったプリンなども販売しています。ケータリングも行っており、下記の写真はケータリング注文を受けた時のもの。どれも色鮮やかで美味しそうです。

島に遊びに来た人から注文が入ったり、島に帰省したときに必ず注文してくれたりと、根強いファンを持つ『cache cache.カシュカシュ』のお菓子。そんな中でふつふつ湧き上がったのが、島外の方にも大好きなお菓子を食べてもらいたいなという思い。

『お菓子にも旅をさせたい、でもどうやったら届けられるかな』。そんなことを思っていたら、「ネット販売」をしてみたらいいよ、と周囲の方々に背中を押されたそう。

ネット販売を立ち上げるまで、自分にそんなことができるのか、どうやったらみんなに見てもらえるのかな?と不安になることもあったそう。

そんな思いを抱えながらも、『cache cache.カシュカシュ』のお菓子を色んな人に知ってもらいたいという気持ちと、周りの支えもあって着々と準備を進めました。ちょっとしたハプニングもありましたが、無事、2023年11月11日にオンラインショップサービス「STORES」にて、旅するお菓子「しまのおやつカシュカシュ」をオープンしました。

現在、ネットショップでは『旅するおやつセット』を販売中!
*こちらの商品はネット限定のものになりますので、詳しくはオンラインストアをご参照ください。

口コミから広がり、旅のお供にしたくなるような、家族のお祝いに欠かせない存在になるような、そんな魅力が『cache cache.カシュカシュ』さんのお菓子にはあります。お菓子の注文は、インスタグラムのメッセージやオンラインストアで行うことができます。

旅のお土産や家族のお祝い、子供たちのおやつにぜひ一度ご賞味ください。
ㅤㅤㅤㅤㅤ

『cache cache.カシュカシュ』

Instagram:https://www.instagram.com/cache_cache.shimano_oyatsu/
ONLINE STORE:https://shimacache.stores.jp/

 

㈱しーま 編集部ライター MICA

投稿者の記事一覧

転勤族で奄美生活3年目突入。2児の母でフリーランスとして働きながら、奄美の素晴らしい自然を日々満喫する日々。

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」4月3日(第248回)は…
  2. 「危機言語」継承へ奮闘 奄美方言=研究者と保存会がタッグ
  3. 『かごしま4』に、奄美テレビの二人が登場! 『かごしま4』に、奄美テレビの二人が登場!
  4. MBCラジオ「あまみじかん」11月5日(第330回)は…
  5. 元気な掛け声、全国に 沖永良部島=知名町で初開催、巡回ラジオ体操…
  6. 奄美の方言を唄い継ぐ~わらべシマ唄大会
  7. MBCラジオ「あまみじかん」 MBCラジオ「あまみじかん」11月25日(第384回)は…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」9月10日(第322回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP