コト

きれいなユリの花、来年も 和泊町=笠石海浜公園で恒例の球根掘り取り

鹿児島県和泊町(沖永良部島)の笠石海浜公園で7月2日、恒例のユリ球根掘り取り作業があった。和泊町花と緑のまちづくり推進協議会(森富隆会長)主催で、同委員と、町内の各種団体、スポーツ少年団、中学、高校の部活動などで構成するえらぶゆりサポーター17団体約240人が参加。10月の植え付けに備え、公園一帯のテッポウユリ、スカシユリの球根約3万球を掘り取った。

球根の掘り取り作業をする参加者=7月2日、和泊町の笠石海浜公園

ㅤㅤㅤ

花があふれる島の景観づくりを進める「えらぶゆり地域活性化プラン」の一環。同公園のユリは毎年4月中旬から5月上旬にかけて見頃を迎え、多くの人が観賞に訪れる観光名所となっている。

この日は参加者が4カ所の花園に分かれ、球根を掘り起こし、土を落としてかごに詰める作業などに汗を流した。野球部の仲間と作業していた和泊中学校の生徒は「球根から固まった土を落とすのが大変。来年きれいなユリが咲いてほしいので頑張りたい」と話した。

森会長は「毎年ユリが咲くことが活動の励みになっている。多くの方が作業に参加くださり、ありがたい」と感謝していた。

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. ヤッコ踊り、一堂に 沖永良部島=5年ぶり全島大会、8地区が出演
  2. 盛況! すももフェスタ 大和村=販売会に収穫体験、村内外から60…
  3. 東京にいながら「まるごと奄美」体験 武蔵野市のホテル=島の食満喫…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」9月11日(第271回)は…
  5. 地域主体、持続可能な発展へ 国頭村で自然と文化活用シンポ、奄美・…
  6. 年始の書道、楽しむ 奄美市=児童生徒が書き初め席書会
  7. MBCラジオ「あまみじかん」7月22日(第366回)は…
  8. 100人のメッセージ「加藤真守さん」#2 100人のメッセージ「加藤真守さん」

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP