コト

冬場はナイトツアーが面白い!

ナイトツアー

「シーッ!」
静かに耳を済ませると、闇の中から「ピツィー!ピツィー!」と言う不思議な音が聴こえてきます。
「これ、アマミノクロウサギの鳴き声なんですよ。」と伝えると、ゲストのみなさん 全員が驚きます。

「コホッ コホッ」「キャッキャッキャッ!」「グェッ グェッ」「キャー! キョー!」
耳を澄ますと、いろんな声が響き渡り、ガサガサと繁みをかき分ける音が聞こえる…
ここは奄美大島の深〜い森の中。

ただ 車を走らせ、林道上に現れる生きもの見つける方法もありますが、生きもの観察でいちばん大切なのは、実は「音」。
目で見て探すだけでなく、五感をフルに使って、”生きものの気配”を感じとることがいちばん大切だと思っています。

寒くなるにつれ、これから カエルたちの繁殖期を迎えます。
アマミノクロウサギも、ネズミもフクロウもカエルも、もちろんハブだって、冬眠なんかしません。

温暖な奄美の地に生きる野生生物たちは、一年中、元気な姿で私たちの前に姿を現してくれます。

夜空を見上げると、冬の大三角…
空気も澄んで 星空観察にも適したこの季節、ぜひ、奄美大島へ いもーれ!
(いもーれ=いらっしゃい)

Deep Amamiナイトツアーについて

  • できるだけ広いエリアを探りたいので、基本は車窓からの観察(ドライブセンサス)となりますが、真っ暗な奄美の森の雰囲気を味わいたい方は 林道を歩く時間を設けることも可能です。
  • 基本はアマミノクロウサギが確実に観察できるエリアへ向かいますが、希望があれば、アマミイシカワガエルの繁殖沢など、マニアックな場所をご案内することも可能です。
  • 夜の森に”刺す虫”はおりませんので、虫除けは不要です。
ツアー料金 1人7000円〜
時間 日没頃から3〜4時間くらい
  • 宿泊先への送迎可能
  • 長靴・雨具のレンタルあり
  • 冬場は暖かいブランケットをご用意しております。
越間茂雄(こしましげお) Deep Amami

越間茂雄(こしましげお) Deep Amami

投稿者の記事一覧

奄美大島生まれ。幼少の頃より自然音に興味を持ち、そこから動植物、ありとあらゆる自然と親しむようになる。
近年は主に夜行性生物や野鳥の観察を得意とする。
奄美大島エコツアーガイド連絡協議会所属、奄美群島認定エコツアーガイド。
■奄美大島エコツアーガイド連絡協議会:https://amamiguide.jimdofree.com/

関連記事

  1. 奄美観光大使シンガーソングライター・ハシケンさん登場! 奄美観光大使シンガーソングライター・ハシケンさん登場!
  2. 広報せとうち3月号 古仁屋中学校男子バスケットボール部
  3. 奄美群島の日本復帰運動の語り部、楠田豊春さん死去 奄美群島の日本復帰運動の語り部、楠田豊春さん死去【南日本放送】
  4. 来月休校の加計呂麻島・秋徳小中学校 姉妹2人の修了式
  5. 鉄道のない島にある不思議な駅「ヨロン駅」の秘密 鉄道のない島にある不思議な駅「ヨロン駅」の秘密
  6. 奄美大島で海開き 今年は新型コロナ影響も
  7. 南海日日新聞〔写真〕イトバショウの繊維をつないで糸を作る与論民俗村の菊千代さん(右)と友子さん=12日、与論町 「与論島の芭蕉布」を答申 国指定重文、奄美で4例目
  8. 南海日日新聞〔写真〕表彰式後に横綱白鵬と記念撮影に臨んだ(左から)豊田君、鎌田君と重村君(右)=2日、両国国技館 白鵬杯、奄美勢が活躍 鎌田君、豊田君は世界王者

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP