2021年 1月

  1. 1月に開花するサクラ「ヒカンザクラ」とは?

    日本を代表する美しい花 ー 桜。一般的に桜の季節と言えば春ですが、ここ奄美では桜は冬の風物詩なんです。奄美で咲く桜は、日本一の早咲桜と言われるヒカンザクラ(緋寒桜)。サクラの原種の1つで台湾や中国から伝わり、奄美や沖縄県など…

  2. MBCラジオ「あまみじかん」1月30日(第239回)は…

    ①「教えて!あまみんちゅ」2019年度の第16回「ネリヤカナヤ創作童話コンクール」で入賞した藤原…

  3. 「冬の紅葉」が見頃 奄美大島、ハゼノキ色づく

    鹿児島県奄美大島で「冬の紅葉」が見頃を迎えた。紅色の葉はハゼノキやシマサルスベリ、黄葉しているのはシ…

  4. MBCラジオ「あまみじかん」1月23日(第238回)は…

    ①「教えて!あまみんちゅ」「2020かごしまの新特産品コンクール」工芸・生活用品部門で、10…

  5. 正月終わりに「ヒキャゲ」 龍郷町、ランチでも提供

    鹿児島県奄美大島では、小正月を過ぎて大寒へと向かう18日は、サツマイモと餅を練った芋餅「ヒキャゲ」を…

  6. 新しいアウトドア「チェアリング」で、密を避けて気軽に楽しもう!

  7. 南の島のニューイヤー駅伝

  8. 世界自然遺産登録に向け「奄美トレイル」開通 奄美大島・龍郷

  9. 奄美で生き続ける「西郷犬」(龍郷町)(1982)

  10. 奄美大島に一足早い“春” ヒカンザクラ開花

  11. MBCラジオ「あまみじかん」1月16日(第237回)は…

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP