コト

無人販売所・四季菜が開設 伊仙町、生産意欲向上へ

鹿児島県徳之島伊仙町の下検福集落(琉太三区長、100世帯)が集落内の県道沿いに整備した無人販売所「四季菜」が7日、オープンした。地域住民が用意した新鮮な地場産野菜が並び、多くの人でにぎわった。

 集落にお金を落とす仕組みを作って農家の生産意欲を高め、地域活性化につなげようと企画。町の2019年度がんばる集落支援事業を活用して整備した。総事業費は29万4千円。

 集落の農家ら30人で出荷組合をつくり、四季折々に採れる野菜を持ち寄る。売り上げの一部を基金として積み立て、集落の運営費や自治公民館の改修費、青少年育成費に充てる計画だ。

 初日は午後3時前にオープンした。ニンジンやトウガン、島バナナなど十数種類の野菜や果樹が並び、集落民を中心に多くの人が買い物を楽しんだ。

 琉区長(58)は「無人販売所のオープンをきっかけに、子どもたちに農業の素晴らしさを伝え、集落の活性化と親睦を図る拠点にしていきたい」と力を込めた。

南海日日新聞〔写真〕オープンした無人販売所「四季菜」=7日、伊仙町下検福

南海日日新聞〔写真〕オープンした無人販売所「四季菜」=7日、伊仙町下検福


『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. ツカリ膳供え祖先に祈り アラセツ前日、国文化財受け継ぐ秋名・幾里…
  2. 保育園児の大冒険
  3. 第8回「奄美方言島口ことわざかるた大会」
  4. 来月休校の加計呂麻島・秋徳小中学校 姉妹2人の修了式
  5. 「アキムチ」復活 伊仙町阿権、ハロウィーン仮装も
  6. MBCラジオ「あまみじかん」3月27日(第247回)は…
  7. 沖永良部島うとぅるしゃ100キロマラソン 沖永良部島うとぅるしゃ100キロマラソン
  8. 与論高校が決勝大会進出 観光甲子園、島の魅力をプレゼン

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP