グルメ

生育順調、豊作を期待 沖永良部マンゴー、出荷準備進む

鹿児島県沖永良部島産マンゴーの生育が順調だ。栽培ハウスでは、間もなく始まる収穫・出荷に向け、強い日差しから果実を守る傘掛けや、落下・傷を防ぐ袋掛け作業に追われる生産者の姿が見られる。出荷は例年7~8月に最盛期を迎える。

和泊町経済課、知名町農林課によると、島内で果樹生産組合に加入している生産者は96人(和泊46人、知名50人)。今期は昨年末から3月にかけた低温の影響などで花芽の付きが良く多くの実がなり、豊作が期待されるという。

約1万個の実がなったハウスで作業をしていた和泊町の生産者、東孝一さん(48)は「今期は量、質ともにこれまでで一番いい出来。既に予約注文の受け付けを始めており、7月上旬から発送できそうだ」と笑顔で話した。

2020年度実績は知名町が出荷量38・7トン、出荷額9704万円で、21年度は出荷量32・4トン、出荷額8515万円を計画。和泊町は調査中としている。

南海日日新聞〔写真〕順調に生育し、収穫・出荷に向けて準備が進む沖永良部島産マンゴー=1日、和泊町

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

関連記事

  1. 夏季限定の味覚を堪能!爽やかなすももかき氷を大和村の絶景の中で♪…
  2. 奄美が誇るキングオブスイーツ、黒糖の生まれる場所
  3. MBCラジオ「あまみじかん」5月1日(第252回)は…
  4. MBCラジオ「あまみじかん」10月17日(第225回)は…
  5. NEW!奄美のドラゴンフルーツカレー
  6. MBCラジオ「あまみじかん」5月8日(第253回)は…
  7. 【与論島ランチ】地元でうわさのボリューミーカフェ「ミジラシャン」 【与論島ランチ】地元でうわさのボリューミーカフェ「ミジラシャン」…
  8. MBCラジオ「あまみじかん」12月5日(第232回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP