コト

大谷選手のグローブ届く 奄美各地の小学校=始業式でお披露目、児童が歓声

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手が全国の小学校に寄贈したグローブが鹿児島県奄美群島の一部の自治体にも届いている。冬休み期間中に各学校に配布され、1月9日に行われた3学期の始業式でお披露目。児童らは新品のグローブを手に取って感触などを確かめていた。

大谷翔平選手からのグローブを手に取る6年生の児童=1月9日、鹿児島県与論町の那間小学校(提供写真)

ㅤㅤㅤㅤ

大谷選手は昨年11月、野球の普及や子どもたちの健康促進などを目的に、全国約2万の小学校に約6万個のジュニア用グローブを寄贈することを発表。各校3個(右利き用2個、左利き用1個)を12月から今年3月にかけて順次配布するとした。

奄美群島では12月22日に与論町、25日に喜界町、和泊町、知名町、1月5日に天城町の教育委員会にそれぞれグローブが到着。各教委から対象となる小学校(分校を含む)に配られた。現在、群島内の計20校への配布が完了している。

奄美市と瀬戸内町には10日にグローブが届く予定。このほか、希望日を指定しなかった自治体にも順次配送される。

与論町の那間小学校(有留雄一郎校長、児童70人)には、教育委員会を通じて12月26日にグローブが届き、9日の始業式で全校児童にお披露目された。憧れの大谷選手からのグローブを前に児童らは歓声を上げて喜んだ。

グローブが届いた26日以降、冬休み中にもかかわらず学校を訪れた児童や保護者もおり、プレゼントされたグローブと対面。松山ヱリ教頭によると、最初は遠くから様子をうかがっていた児童もグローブを目にすると興味津々で近づいて、大事そうに手にはめていた。

始業式では、有留校長があいさつの中でグローブ到着を紹介。「このグローブが私たちの次の世代に夢を与え、勇気づけるためのシンボルになることを望んでいます。野球しようぜ」という大谷選手からのメッセージを有留校長が読み上げると、万歳で喜ぶ児童もいたという。

地域の野球クラブで活動する児童は「大谷選手のメッセージや、グローブのサインもうれしい。グローブを使って練習して大谷選手のように野球がうまくなりたい」と声を弾ませた。

ㅤㅤㅤㅤㅤ

『南海日日新聞』LINEニュース配信中

その他のニュースはLINEでチェック!
南海日日新聞

友だち追加

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. MBCラジオ「あまみじかん」5月28日(第307回)は…
  2. MBCラジオ「あまみじかん」7月2日(第312回)は…
  3. 南海日日新聞〔写真〕毎年熱戦を繰り広げる奄美まつりの舟こぎ競争=2019年8月、奄美市名瀬 夏祭り中止 奄美大島5市町村、感染拡大防止を優先
  4. リュウキュウコノハズク、奄美で初展示 奄美海洋展示館=小型のフク…
  5. ザトウクジラ(興克樹さん撮影) 「謎の歌声」を報告 ザトウクジラ講演会で小林さん
  6. 南海日日新聞社:3回、3点目の適時打を放った奄美の松田=8日、名瀬運動公園市民球場 奄美地区が3連覇!奄美市地区対抗野球、延長戦制す
  7. MBCラジオ「あまみじかん」12月10日(第334回)は…
  8. ヨロン島リーフチェック サンゴ、回復傾向認められず

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP