瀬戸内町

  1. 季節外れのウミガメ産卵 加計呂麻島徳浜=国内で今年初確認、海水温影響か

    鹿児島県瀬戸内町加計呂麻島(かけろまじま)の徳浜で2月10日朝、アオウミガメの産卵が確認された。日本ウミガメ協議会によると、国内で今年初の産卵例という。奄美大島でのウミガメの産卵は5月から7月にかけて多く、2月に確認されたのは今回が初めて。…

  2. 奄美の海でワイン熟成 東京のPR会社=大島海峡に500本、新たな価値創造

    ワインボトルを海に沈めて保存する海底熟成ワインセラー事業が鹿児島県瀬戸内町で始まり、1月30日に同町…

  3. 板付け舟、一人漕ぎ! 奄美一決定戦=力強いかいさばきに声援

    瀬戸内町カヌー連盟主催の第4回「板付け舟一人漕(こ)ぎ!奄美一決定戦」が11月5日、鹿児島県瀬戸内町…

  4. 大好きな地域の魅力発信をしたい 〜ママさん達のいろんな想いが込められたハンドメイド作品

    しーまライターのMICAです。2回にわたってご紹介してきたチャレンジ&コミュニティスペース『…

  5. 「諸鈍シバヤ」4年ぶり開催 瀬戸内町加計呂麻島=紙面、躍動の舞い

    旧暦9月9日に当たる10月23日、鹿児島県瀬戸内町加計呂麻島の諸鈍集落にある大屯(おおちょん)神社境…

  6. 4年ぶり油井の豊年踊り シシの演舞に悲鳴や歓声

  7. テンテン踊り華やかに 加計呂麻島西阿室=4年ぶり豊年祭・敬老会

  8. 奄美大島 瀬戸内町・管鈍

  9. 『HUB a nice d!』を通じて作られるみんなが集まる学びの場

  10. 瀬戸内町の子どもらと交流広げる 鹿大生=サークル活動で来島、児童クラブ訪問

  11. 奄美で小さな1歩を踏み出そう!地域活動の拠点施設『HUB a nice d!』

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP