奄美大島

  1. 泥染めや鶏飯作り体験で奄美を満喫!愛かな工房・島泊愛かな

    奄美大島北部、大島紬の発祥地とされる龍郷町に、泥染め体験や鶏飯作り体験もできる工房・お宿・ギャラリーがあります。その名も「愛かな工房」、お宿の名前は「島泊 愛かな」。泥染め体験は工房の裏の田んぼや川を流れる水など、奄美の…

  2. 南海日日新聞〔写真〕満開を迎えた梅次郎桜=5日、宇検村田検

    満開、梅次郎桜!宇検村田検の山中、樹齢100年超

    「梅次郎桜」の愛称で親しまれているツクシヤマザクラが、鹿児島県奄美大島・宇検村田検の山中で満開を迎え…

  3. クイズで学ぶ世界自然遺産 オンライン子ども講座

    「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産登録に向け、最南端の沖縄県西表島と鹿児島県…

  4. 奄美が誇るキングオブスイーツ、黒糖の生まれる場所

    黒糖は奄美ではとても身近な食べ物で、普段からよく食べられています。料理やお菓子の材料としてだけではな…

  5. 冬キャンプで奄美の自然を楽しもう!

    奄美大島にも、本土ほどではないにしろ、冬の寒さがやって来ます。そんな時期におすすめしたい…

  6. 「ピンクの滝」出現 龍郷町大勝、ヒカンザクラが満開

  7. 「冬の紅葉」が見頃 奄美大島、ハゼノキ色づく

  8. 新しいアウトドア「チェアリング」で、密を避けて気軽に楽しもう!

  9. 奄美大島のお正月、三献で新年のお祝い!

  10. 「奄美・沖縄」審査、今夏に 世界自然遺産、再挑戦

  11. 奄美大島は星空の宝庫!本土では見られない長寿の星を見に行こう

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP