奄美大島

  1. 〝白足袋〟クロウサギ現る!奄美大島で福壽さんが撮影

    奄美大島中北部の林道で、前足が足袋を履いたように白いアマミノクロウサギが目撃された。奄美市名瀬の高校教諭、福壽辰さん(45)が野生生物の観察中に発見し、撮影した。「最初は初めての発見と思った」と驚いたという。福壽さんは8月2…

  2. 瀬戸内町でサンゴ保全シンポ 奄美は「重要海域」、山野さん(国立環境研)が講演、高校生も研究発表

    鹿児島県奄美群島のサンゴ礁保全について考えるシンポジウムが7月31日、瀬戸内町のきゅら島交流館であっ…

  3. 「奄美大島世界遺産センター」がオープン 登録1年の節目、〝世界の宝〟継承へ誓い新た

    奄美・沖縄の世界自然遺産登録から1年を迎えた7月26日、環境省が鹿児島県奄美市住用町に整備した「奄美…

  4. 新たなツアーコース造成へ 奄美大島=エコツアーガイドが研修会

    奄美・沖縄の世界自然遺産登録で奄美大島への観光客が増加する中、新たなエコツアーコースの造成に向けた研…

  5. 「泥染め」で奄美大島の伝統技法を体験!自然の恵みを利用した天然染色を楽しもう

    奄美大島ならではの文化体験が気軽にできる「泥染め」。手触りのいいサラサラの泥を揉み込んで染め…

  6. 絶滅危惧種サガリラン、人工開花 ~国内自生地は奄美大島のみ

  7. 奄美大島に、珍鳥レンカク飛来

  8. 東大大気海洋研が奄美に研究拠点~気候変動に関する調査本格化

  9. 「染物工房&ギャラリー ミドリヤ」~ゼロウェイストを目指すパンクでサイケデリックな染物屋

  10. 奄美の海開きが行われる「サンガツサンチ」!赤ちゃんの健康を祈る伝統行事に参加しよう

  11. 「キバナノセッコク」県希少野生動植物に

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP