ドローン

  1. 与論高校が決勝大会進出 観光甲子園、島の魅力をプレゼン

    高校生が制作する観光PR動画のコンテスト「観光甲子園2020」で、鹿児島県立与論高校(甲斐修校長、生徒125人)のチームが決勝大会進出を決めた。来年2月に開催される決勝大会に向けて、生徒たちは「与論島の魅力を精いっぱいプレゼンテーションした…

  2. 島の人が誇りに思えるように。 「あまみカメラ」が映す島の絶景

    奄美大島をドローンで撮影した映像を掲載しているYouTubeチャンネル「あまみカメラ」。20…

  3. 【奄美モード 第71回・11月5日放送】

    【奄美モード 第71回・11月5日放送】ドローン空撮や制作などを行う「あまみカメラ」を運営している…

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

【特集】世界自然遺産登録を目指して

特集「世界自然遺産登録を目指して」

PAGE TOP