お知らせ

海の保全と活用模索 宇検村=集落体験モニターツアー、観光メニュー開発目指す

海の生物多様性の保全管理と集落(シマ)暮らし体験とを併せた観光メニューの開発を目指す鹿児島県宇検村は9日、日本自然保護協会(NACS-J、亀山章理事長)と平田集落でモニターツアーを実施した。村外参加者と案内役の地域住民、専門家ら約30人が参加。干潟の生物調査や集落散策などを通し、地域資源の保全と活用の両立を模索した。

同村は、2030年までに陸と海の30%以上を保全する国際目標「30by30」を踏まえ、23年度からNACS-Jと共に海域の管理ビジョン、保全と利用の在り方を定める「里海づくり事業」を進めている。モニターツアーはその一環。観光基本計画における集落暮らし体験のメニュー化と掛け合わせて検証が行われた。

ツアー名「ゆかいなオジたちと行く! 平田集落入門編 干潟の貝のモニタリングと集落歩き」の通り、案内役は地元のオジ(年配の男性)6人が務めた。集落散策は「神道を歩く」をテーマに、真平田守護神を祭る「ヘダンジャラのほこら」や神山と呼ばれる「イジュミの山」、ナーガキ(石垣)など解説を交えながら巡った。

集落内に残るナーガキ(石垣)を見る参加者ら=9日、宇検村

 

干潟でのモニタリング調査では、講師に日本貝類学会会員の川上晃生さん、奄美海洋展示館学芸員の高村洸介さんを招き、集落海域に生息する貝類などの生き物を調べたり、今と昔の環境変化などについて語ったりした。

昼食には、地元のオバ(年配の女性)の手作り料理が振る舞われ、奄美市から家族で参加した幼児(5)は「シシカレーがおいしかった。貝探しも楽しくて、初めて来た場所だけどまた来たい」と笑顔。

案内人の新元嗣道さん(74)は「平田には紹介できるものが少ないと思っていたが、参加者が興味深く集落内を巡る姿を見て、改めて地域の価値に気付かされた」と話した。

ツアー参加者には後日、オンラインでヒアリングが実施される。NACS-Jの中野恵さん(48)は「科学的、理論的に正しいことが、地域住民にとって正しいとは限らない。焼内湾のように自然と人とがつながって生きてきた海においてはなおさら。みんなが『大切にしたい』と思える海の保全、利用の在り方を築いていきたい」と述べた。

干潟の生き物を採集する参加者ら

南海日日新聞

投稿者の記事一覧

1946年(昭和21年)11月1日に奄美大島で創刊された奄美群島を主要な発行エリアとする新聞。群島民挙げて参加した日本復帰運動をリードし、これまでにシマの文化向上・発展のための情報を伝えてきた。
現在も奄美群島の喜界島、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖永良部島、与論島の8島を発行対象とし、その地域のニュース・生活情報を提供。現在、奄美出身者向けに奄美のニュース(本紙掲載)を月1回コンパクトにまとめた情報紙、「月刊・奄美」も 発行している。

■南海日日新聞:http://www.nankainn.com/

■Instagram:https://www.instagram.com/amami_news/

関連記事

  1. 『山里亮太のぶらっと奄美旅』11月30日(土)午後4時放送 『山里亮太のぶらっと奄美旅』11月30日(土)午後4時放送
  2. 8月9日~8月15日『奄美スペシャルウィーク』開催! 8月9日~8月15日『奄美スペシャルウィーク』開催!
  3. 休校中の薩川中、人気スポットに 瀬戸内町加計呂麻島=島民交流、グ…
  4. 【6/17(土)徳之島開催】元青年海外協力隊の移住者が語る「海外…
  5. 『Peach presents あまみじかんスペシャル』11/13(土)10:00~ 「Peach presents あまみじかん世界自然遺産登録1…
  6. 奄美群島で起業したい人を支援する教育プログラムが始まる 奄美群島で起業したい人を支援する教育プログラムが始まる
  7. 正月終わりに「ヒキャゲ」 龍郷町、ランチでも提供
  8. 『Peach presents あまみじかんスペシャル』11/13(土)10:00~ 『Peach presents あまみじかんスペシャル』11/1…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

アーカイブ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP