ヒト

ゴールデンウィークに奄美群島を旅行してきました!自粛中なのでオンラインでね。

今年のゴールデンウィークはいつものゴールデンウィークとは違ったものになりました。
新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、自粛が要請され、ずっと家で過ごす人も多かったのではないでしょうか。旅行する予定を泣く泣くキャンセルした人もいると思います。
しかし、私は5月3日から5日の3日間で奄美群島のツアーを開催し、30人以上の参加者と共に与論島、沖永良部島、奄美大島の3島を旅してきました。
もちろん、実際に現地に行くわけではありません。オンラインでツアーを開催しました。

きっかけはデンマークのオンライン街歩き

きっかけは知り合いが参加したオンラインのデンマーク街歩きツアーの話を聞いたことでした。Zoomという、パソコンやスマホを使ってオンライン通話ができるツールを利用し、現地の人にデンマークのことを紹介してもらったそうです。
私は普段、奄美大島でドローン撮影をしています。その映像を使ってオンライン奄美旅ができるのではないか、と思ったのが最初のきっかけでした。
4月下旬に開催した第1回目のオンライン奄美旅は、平日の昼間にも関わらず10名以上参加してくれました。手応えを感じたのでゴールデンウィークに奄美群島の3島を巡るオンラインツアーを企画しました。

ガイドだけでなく参加者同士の交流も


与論島と沖永良部島の知り合いに声をかけ、2時間で島の魅力が伝わるような案内をしてもらいました。ご自身で撮影した写真と共に、島の魅力や島の人しか知らない島のこと、移住したい人もいたので、島暮らしの魅力や大変なこともお話いただきました。
短い時間で島の旅行を擬似体験していただき、島に来られなかった悔しい気持ちを発散してもらおうと思いました。しかし、逆に来たい気持ちが高まってしまった人もいるようでした。(笑)ガイドが一方的に話すのではなく、参加者同士でも交流してもらいました。
Zoomには、参加者をグループに分ける機能があります。途中で少人数のグループに分け、自己紹介や感想を共有してもらいました。

ありえない旅ができるのがオンラインの魅力


3日間でのべ50名以上の人が参加してくれました。3日間連続で参加してくれる人もいて、

「マニアックなスポット満載でとても楽しいツアーでした!落ち着いたらオフラインでも伺います!」
「ガイドしてもらう時間はもちろん素敵やったけど、個人的には初めてお話しする方とのグループ時間があったのが、旅の空気を感じられてすごく良かったです!」

と嬉しい感想をいただきました。
通常であれば、3つの島を3日間で巡ることのは難しいです。
かなり慌ただしい旅行になってしまいます。しかし、オンラインであればそれも可能。
短期間で日本の北から南まで、さらには世界中まで。普通ならできないことでもできてしまうのがオンラインの魅力です。
自粛ムードはまだ続き、旅好きな人には辛い日々が続きます。この機会なので、オンラインで普通ならありえない旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

㈱しーま 編集部ライター 田中良洋

㈱しーま 編集部ライター 田中良洋

投稿者の記事一覧

兵庫県出身。東京で6年間働くが、都会に疲れて2017年1月に奄美大島に移住。島ではWebライター、映像制作、ドローン撮影、マリンショップのスタッフ、予備校スタッフなど様々な仕事をしている。島生活のことを綴ったブログ「離島ぐらし」を運営中。

関連記事

  1. シルクドソレイユ日本人初ソロダンサー・元 奄美市地域おこし協力隊の谷ようこさんにインタビュー シルクドソレイユ日本人初ソロダンサー・元 奄美市地域おこし協力隊…
  2. 画家・絵本作家 ミロコマチコさん
  3. 認定ガイドが100人超 認定ガイドが100人超!
  4. 「筋肉弁当」大人気 瀬戸内町、マッチョな若大将が調理
  5. 奄美の民謡・シマ唄の第一人者 坪山豊さん死去
  6. 〔写真〕告別式で謝辞を述べる故坪山豊さんの長男・良一さん=22日、奄美市名瀬 ワイド節で送る 島唄の第一人者、坪山豊さん告別式
  7. 南海日日新聞〔写真〕力強くスタートを切る大島地区の久保愛結美(左)ら1区の選手=26日、霧島市隼人運動場 大島8位、Bクラス維持 鹿児島県地区対抗女子駅伝
  8. 南海日日新聞:写真:大島紬の魅力などを発信する「大島紬アンバサダー」の発足式に参加した会員ら=11日、龍郷町 大島紬アンバサダーが発足 魅力、ライフスタイル発信へ

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP