グルメ

美容師の作る人気カレー

奄美の春は足早(あしばや)でこれから長いシーズンがやってきます。
早くも夏が待ち遠しいところですが、そんな季節にぴったりの食べ物といえば!

そう、今回は嫌いな人などいないであろうカレーの話題です。

奄美の食材を使っているカレーということで早速お店に伺いました。

向かったのは龍郷町大勝(おおがち)の「COLORS(カラーズ)」さん。

こちらのお店、何のお店か分かりますか??

実は、ここ美容室なんです。代表の加藤和生(かずお)さんは約10年前に東京から移住。


大のカレー好きで、自ら作ったカレーをお客さんにふるまったり、また、地元のお祭りで出店するなど。
それも販売するやいなやすぐに完売という美容師さんが作るカレーはたちまち人気者になりました。

スパイスの効いた豊かな香りとコク。新しい南国のカレーがやみつきに!

それもそのはず。何度も何度も試作を繰り返して出会ったというのが「打田(うった)原(ばる)の真塩(ましお)」と「水間(みずま)製糖(せいとう)工場の黒糖」。

このやみつきになる味に必要なのが奄美の伝統素材「天然塩(てんねんじお)」と「純黒糖(じゅんこくとう)」だったというわけです。

また、小麦粉を使わないグルテンフリーで動物油脂なども使っていないため、ベジタリアンも食べれるビーガンカレーなんです。

そしてついに地元のファンからの後押しもあり、ついに念願の商品化へと!

加藤さんにお話を伺いました。

「大勝集落の桜まつりがありまして、そこで私が作ったカレーをよく提供していた。評判がよくてみんなが食べたいと言ってくれた。」

「私は美容室を経営をしているので、なかなかお店を開くことはできない。レトルトカレーを作れば、みんなに食べてもらえると思った。」

「島の中ではお土産屋さんや、薬局などで置いてもらっているのですが、今後全国に販売の販路を広げる計画もしている。」

このカレーは加藤さんのお子様の名前から1字ずつとって、北インドカレー「月(つき)ノ(の)虎(とら)」として商品化。

外食の機会が少なくなった昨今。奄美大島の食材を活用したカレーを全国に届けるために、レトルトカレーという形に。そして、こちらが、パッケージです。

このパッケージは龍郷町在住のアーチストRIEさんが描いてくれました。

また、この「奄美発の北インドカレー月ノ虎」の全国展開を後押ししてくれたのは「FAAVO」(ファーボ)というクラウドファンディングなんです。

この「ファーボ」について詳しいことを奄美群島広域事務組合の米田(よねだ)係長に伺ってます。

「FAAVO奄美群島は奄美群島広域事務組合がクラウドファンディング運営サイト「FAAVO」のエリアオーナーで、これから新しいことにチャレンジしたい、やりたいことがあるけどなかなか一歩が踏み出せない人を後押しするサイトになっている。」

「チャレンジしたい方は一度、奄美郡島広域事務組合へご連絡いただければと思います。」

ファーボ奄美群島ホームページ

この事業の活用によって製造費や通販サイトの設備投資などに充てるようです。

都会の大手でデパートでも販売を計画してるということ。

奄美の食で免疫向上のビーガンカレー。みなさんのお手元に届くのももうすぐです。

WEBサイト「あまみじかん」

投稿者の記事一覧

WEBサイト『あまみじかん』豊かな自然、独特の文化、そして温かく熱い島の人々と、島外の人々との繋がりを紡ぐ。奄美群島全体の価値と魅力を発信するサイトです。

関連記事

  1. NEW!奄美のドラゴンフルーツカレー
  2. 奄美の島バナナはいつが旬?どんな味?食べ頃や美味しい食べ方とは
  3. MBCラジオ「あまみじかん」4月3日(第248回)は…
  4. コーヒーを愛する人へ、愛をこめてコーヒーを。自家焙煎珈琲『豆と麦…
  5. 海と笹の小道を絶景さんぽ。宮古崎&Bee Lunchで…
  6. MBCラジオ「あまみじかん」10月10日(第224回)は…
  7. 生育順調、豊作を期待 沖永良部マンゴー、出荷準備進む
  8. MBCラジオ「あまみじかん」5月1日(第252回)は…

奄美群島マップ

奄美群島マップ

あまみじかんリンク

南海日日新聞 奄美大島観光サイトしーまブログ あまみエフエム ディ!ウェイヴ! エフエムうけん NPO法人 エフエムせとうち76.8MHz エフエムたつごう78.9MHz あまみテレビ 天城町ユイの里テレビ ERABUサンサンテレビ
PAGE TOP