2022年 8月

  1. 島唄、世界に知ってもらいたい 成瀬さん(龍郷町出身)、ポルトガルの国際会議でワークショップ

    鹿児島県奄美大島龍郷町出身で慶応義塾大学総合政策学部3年生の成瀬茉倫(なるせ・まりん)さん(21)が、7月にポルトガルで開かれた第46回国際伝統音楽学評議会(ICTM)世界会議に出席し、奄美の島唄をテーマにワークショップを行った。成瀬さんは…

  2. アマミエビネ生態明らかに 熊本大学=蜜蜂1種だけ「だまし受粉」

    熊本大学は1日、鹿児島県奄美大島固有のラン科の植物アマミエビネの受粉に関する生態を調べた結果、南西諸…

  3. MBCラジオ「あまみじかん」8月13日(第318回)は…

    『KODAIのゆいらんどミュージックスペシャル』第2弾。先週に引き続き、奄美ゆかりのミュージシャ…

  4. MBCラジオ「あまみじかん」8月6日(第317回)は…

    『KODAIのゆいらんどミュージックスペシャル』、奄美ゆかりのミュージシャンの夏うた特集!与論島…

  5. 瀬戸内町でサンゴ保全シンポ 奄美は「重要海域」、山野さん(国立環境研)が講演、高校生も研究発表

    鹿児島県奄美群島のサンゴ礁保全について考えるシンポジウムが7月31日、瀬戸内町のきゅら島交流館であっ…

【特集】世界自然遺産登録

特集「世界自然遺産登録を目指して」

【特集】奄美群島日本復帰を振り返る

【特集】奄美群島日本復帰

奄美群島は太平洋戦争後の1946年(昭和21年)から、アメリカ軍の統治下におかれました。
本土との間で人や物の移動が制限され物資が不足する中、住民による日本復帰運動が広がり署名運動などが行われました。
その島々は、66年前の1953年(昭和28年)12月25日に念願の日本復帰を果たした。
奄美の人々にとって特別な意味を持つこの日を地域のメディアはどのように報じてきたのか・・・。
当時の様子を南日本放送の前進、ラジオ南日本の放送音声と南海日日新聞の紙面で振り返ります。

PAGE TOP